旧・毎日がブエノス・ディアス!
タニィのアルゼンチン、ウルグアイを中心とした日々ラテンな話題をつづっています。
 



しつこくアグスティンの話題です。

Trio de Janeiro トリオ・デ・ハネイロ
COPABACANA コパバカナ
http://www.jazzreview.com/article/print-5199.html
http://www.contemporaneomusic.com/

3月中旬、たまたまアルゼンチンから入手したCDに
Agustinが参加しているTrio de Janeiroがありました。

ざっとしか見てませんが、1991年頃のお蔵入りになって
いた音源を最近発売させたらしく...

サウンドを聞いた感じではジョビン寄りAgustin?的ですが
私には清々しく久々にAgustinらしさのある音に出会えて
嬉しかったです。
下のURLではアーティスト→アルバムタイトルをクリック
すると試聴できます。

ジャケがイマイチ、はてな?な感じですが・・・

そのうち日本に入荷されたら是非手にとって聞いてみて下さい♪

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 【速報】カル... 指さしながら... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。