モアふぁみりーのきまぐれ日記&雑記

♪我が家のしょーもない出来事です♪

.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

びっくらこいた!!

2008年09月05日 | 出来事
それは、3ヶ月前のこと…
ママが我が家からすぐ近く(200m)の場所でタヌキを見たと大騒ぎした。
何をバカなことを…ネコとタヌキの見分けもつかんのか??
と鼻で笑ってやった。

そして今夜、ママと梅の散歩中、急に梅があらぬ方向に強く引っ張った。
ん?と思い、梅の目線の先を追うと…ネコがいた。
が、何か様子が違う気がする…。
その瞬間、梅が聞いた事のない声で猛烈に吠え始めたのだ。
その場所はまさにママがタヌキを目撃したと言った場所。
ネコじゃない?まさか…タヌキ…?
その瞬間、ママの動きが凄まじかった!
自転車で一緒に散歩に出ていたママは、まるで競輪選手のようなペダルさばきで
猛然とその動物の姿を追いかけ始めた。
そして、その姿を確認したママは勝ち誇ったように叫んだ!!
「タヌキィだぁーーっ!!」
梅に引っ張られ、ようやく私が追いついた頃にママがもう一度叫んだ。
「違うタヌキィじゃない!ハクビシンだーっ!」
その動物の顔の真ん中に白いラインが!間違いないハクビシンだ!
ハクビシンの数は2頭。
彼らは空き地の向こう。こちらからは柵が邪魔をして中に入ることができない。
ハクビシン達はウロウロしながらたまにこちらをチラチラ見ている。
その距離約5m。なぜか彼らからはあまり警戒心が感じとれない。
その内、彼らは空き地の奥に消えていった。

何故今頃ハクビシン?ペットとして飼われていたのが逃げた?今更?ココは東京だぜ?
などとアレコレ考えながら帰り始めると。
ママが鼻息を荒くしながら言い放った。
「ほら!やっぱりネコじゃ無かったじゃない!」
「大体パパは、いつも、いつもアタシの話をバカにして!!」
「いつも、いつも、いっつもアタシの話を右から左に流して!!!」
「#%×○☆ΨⅩ#%×○☆△×□ーーーーっ!!!!!」
ママの興奮はハクビシンとは違う方向に進むのであった…。


モア

コメント
この記事をはてなブックマークに追加