モアふぁみりーのきまぐれ日記&雑記

♪我が家のしょーもない出来事です♪

.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

硫黄島からの手紙

2006年12月27日 | 出来事
先週見た「硫黄島からの手紙」の感想です。
少々ネタバレがあるので読まれる方は覚悟の上で・・・

先に述べますが「硫黄島からの手紙」は「父親たちの星条旗」との2部作を見て完結する映画なのですが、
「父親たちの星条旗」を見逃してしまった為、ここではあえて「硫黄島からの手紙」だけの感想に触れたいと思います。

まず最初に率直な感想は「これは本当にハリウッド映画?」でした。
監督クリント・イーストウッドが原作「散るぞ悲しき」 だけでなく、当時の日本人の考えや文献を詳細に調べたのだと感じました。
協賛朝日新聞の影響で「男たちの大和」に無かったセリフ「天皇」「靖国」も悲しいかな外国作品だからこそ盛り込む事ができたのかもしれません。
日本映画にありがちな「お涙頂い作品」になっていない所も良かったと思います。
日本兵にとってアメリカ兵は鬼畜米兵。
アメリカ兵にとって日本兵はジャップ・ヒール。
けれど祖国を愛する思いと家族を護る思いは、日本兵もアメリカ兵も同じ。
少々奇麗事かもしれないが、流石に上手に表現されていたと感じました。
クリント・イーストウッド監督作品というふれ込みで、多くのアメリカ人がこの映画を見る事になると思う。
少し偏見があるかも知れないが、アメリカ人は逆の立場で大東亜戦争(太平洋戦争)を考えた事など無いはず。
アメリカ人に「硫黄島からの手紙」を見た感想を是非聞きたいと思っています。

ただ残念な点も3点あります。一つめは、硫黄島を5日で陥落させると当時豪語していた米海兵隊から35日近くも護り通した栗林中将の戦術描写が、かなりぼやけていた事。
二つめは、西郷役の二宮君も頑張っていたのだが、ちょっとミスキャストに感じた。
自営、妻帯者で子持ちという割には、二宮君の子供っぽさが気になった。
3っつめは出演者の言葉遣い。セリフに現代風のイントネーションが多く使われており、言葉の重みが薄れてしまった。
まるで現代の若者が戦争に参加している錯覚に陥りました。これが狙いだとするのであればある意味凄いのだが・・・

とにかく「父親たちの星条旗」がDVD化後は、いち早く見て硫黄島2部作を完結させたいと思っています。
硫黄島の戦いについては偶然こんなサイトも見つけました→ http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/
生還できた日本兵の記録です。興味のある方は是非ご覧下さい。心が震えます。

モア
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスケーキ

2006年12月24日 | 出来事
ガラにも・・・ガラにもなく『クリスマスケーキ』なんぞを作ってみました。
作ったと言っても、スポンジは市販の物だけどね。

  
奮発して中沢の生クリームで!           ひたすらホイップホイップ!

  
7分立て状態からナッペ。              真剣にデコレーション中(8分立て)
少々歪だけど気にしない。気にしない。

          
          完成!中は一応二段になってます。(6号)


              
              断面です~


こどもっちもママも美味いと喜んで食べてくれた。
作ったモアは甘いのが苦手なので食べてないケド・・・
次は恭介の誕生日にチョコレートケーキに挑戦だぁ!

モア

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日テレ大時計

2006年12月21日 | 出来事
昨日公開された日テレ大時計が見たくて、仕事を抜け出してチョッと見てきました。



PM16:30 マイスタの上に大時計が設置されていました。


第一印象はやっぱハウル。


実物は結構大きいですよ。

                 
                         この足!宮崎駿の世界だね~


からくり大時計が動き始めました。周りは凄い人!


大時計が動いていた時間は約3分半でした。


中庭には蝋燭で輝くツリーがありました。


PM17:15 さて!そろそろ仕事に戻らないと・・・

モア
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めの一歩

2006年12月20日 | スポーツ
因縁やら何やらと騒がれた、亀田興毅の初防衛戦が今夜行われた。
まず最初に今回の私の採点を表記します。

-----亀田---ランダエタ
①-----9-------10
②-----9-------10
③-----9-------10
④----10--------9
⑤----10--------9
⑥----10--------9
⑦----10--------9
⑧----10--------9
⑨----10--------9
⑩----10--------9
⑪----10--------9
⑫-----9--------9
-----116------111
亀田の初防衛戦は圧勝でした。

私の好きなボクサー「高橋直人」が言った言葉『ボクシングはジャンケン!』
選手Aは選手Bに強いが選手Cには弱い
選手Bは選手Cに強いが選手Aには弱い
選手Cは選手Aに強いが選手Bには弱い

ボクシングは生身の人間の戦い。相性があって当然なのだ。
亀田興毅にランダエダは相性の良くないタイプ。
それを亀田サイドが気付いた事が今回の勝利に結びついたと言える。
自分のパンチ力を過信せず、一ラウンドから前回とは違う戦法で戦った。
ランダエダの堅実なボクシングに前半は少々から回りしたが
アウトボクシングを続ける亀田は「これなら絶対に負けない!」と言う自身があったのだろう。
アウトボクシング=KO率が下がる。それをわかった上での戦法。
試合前に亀田からKO宣言が出ていなかった事が「確実に勝つ!」
という亀田サイドの戦法が見え隠れしていた。
何よりもボクシングスタイルを変える事など、並大抵の選手には到底できない戦法なのだ。
判定勝利である事によりバッシングはまだまだ続くだろうが、
最初に免疫ができている亀田サイドには大きな問題にはならないだろう。
ようやく今回の結果が、亀田興毅安定王者への「初めの一歩」なのである。
次戦はスッキリKOで勝ってくれるだろう。
ただ、試合中の意味の無いパフォーマンスは少し控えて欲しい・・・気持ちはわかるが・・・

モア
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恭介、骨ヒビ!

2006年12月19日 | こどもっち
桐生で大ふざけした恭介が骨にヒビ!
どうやら痛みは殆んど無いらしく、ギプスの固定が嬉しくて逆に上機嫌。
やれやれ・・・

モア
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加