モアふぁみりーのきまぐれ日記&雑記

♪我が家のしょーもない出来事です♪

.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3階級制覇は夢の夢

2006年08月02日 | スポーツ
亀田興毅、僅差の判定で世界チャンピオンに・・・
喜んでいるのはTBSだけだろう・・・

私の判定では
-----亀田---ランダエタ
①-----8-------10
②----10--------9
③----10--------9
④-----9-------10
⑤-----9-------10
⑥----10--------9
⑦----10--------9
⑧-----9-------10
⑨----10--------9
⑩----10--------9
⑪-----9-------10
⑫-----9-------10
-----113------114
ランダエタの1ポイント勝利だった。

ランダエタ陣営はさぞ不服だろう・・・
WBAに提訴する事も考えられる。

今回、実質初めて世界の強豪と対戦した亀田興毅。
やはり世界は甘くなかったという事だ。
亀田は手数が足りないと言うより相手に打たせすぎだ。
元来ハードパンチャーは手数が少ないものだが
今日の試合での亀田の真のクリーンヒットはゼロだったと思う。
これではまったく意味が無い。
もう少しテンポとリズムでパンチを当てる練習をしてもらいたい。
試合後のインタビューで亀田は「今日はブサイクな試合をしてスンマセン」と言った。
さぞかし悔しかったのだろう。
しかし運よくタイトルを取れたのだから今回の教訓を必ず次に生かしてほしい。
次の初防衛戦で今日と同じ内容の試合では防衛は出来ない。
ましてや3階級制覇など夢のまた夢だ。

世界チャンピオンには一流、二流、三流のチャンピオンがいる。
今回対戦したランダエタはミニマム級の二流チャンピオンだった。
亀田興毅には是非一流のチャンピオンになってもらいたい。

モア

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加