PHOTO 旬彩

当ブログ内において著作権は我に有します。 画像の転載、2次使用はお断り致します。

十二指腸癌、ESD後

2016-10-14 09:36:44 | 日記

 2012年11月14日に十二指腸癌のESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を施した後、丁度4年の定期検査をした。
胃カメラ検査の後、今回も執刀医師から著変はなく再発所見は無しとのことだった。
1年後に5年の定期検査(MRIと胃カメラ検査)を行ったあとは、近所のかかりつけの病院へ委譲されることになる。

しかし、胃カメラ検査は何度しても苦手だな、内臓が弱い私は多分40回以上も苦しい思いをした。
毎回嘔吐反射が強く、力を抜いてくださいと何度も言われてしまう。
極めつけは、約7年前に総胆管結石を患った時に麻酔なしで約90分も胃カメラを入れられっぱなしで治療を受けた。
胃カメラの先から金属製のバスケットを伸ばし、胆管の中の石を砕くという術。
それを1回ではなく、4回もやっていたのだ。
胃カメラが苦手なはずだよ。

今朝は普通に朝食をとることができた、陶板焼きで作る目玉焼きは中が見える耐熱ガラス製の蓋がいいな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブナ材積層 | トップ | ガラス蓋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。