里の家ファーム

すべて無農薬・無化学肥料、不耕起栽培の甘いミニトマトがメインです。完熟したミニトマトから作る無添加ジュースは逸品です。

9月になりました。

2014年09月01日 | インポート

長月です。夜が長いということです。暗くなるのも早くなりました。長雨の月でもありますね。今年はどうでしょうか?長期予報では9月は暑いと・・・
 今日落葉きのこを見つけました。
Ca3h0025
もう、こんなに大きくなっていました。でもこれ1本しかありません。やはりまだ早いのでしょう。そして9月の気温が高いとなると今年は遅れるかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フルーツ・トマトを超えたミニトマト

2014年07月21日 | インポート

Ca3h0028

天候にも恵まれ、美味しいミニトマトができました。日中は40℃最低気温は15℃という理想的状況です。最低気温が20℃を超えるとたちまちまずいものになってしまいます。 甘みと酸味が絶妙です。まだ収穫量が少なく、皆さんのもとへお届けできないのが残念です。

販売価格改定のお願い。
 石油製品高騰など、生産資材の高騰が続いています。やむなく、販売価格を引き上げさせていただきます。多くの常連さんからも理解が得られましたので、本年度販売価格を1kg1200円とさせていただきます。これからも安全で美味しい野菜の生産に努力してまいります。
 同時に宅配料金も値上げされた状況で、大変心苦しいのですがご理解をお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PC開けなくて・・・

2014年06月25日 | インポート

 先日「よんどころない事情」と書きましたが、かえって皆さんに心配をおかけする羽目になってしまいました。申し訳ありません。
 13日早朝、つれあいが街路灯に車をぶつける単独事故を起こし、自分で救急車を呼び、砂川市立病院に搬送されました。骨盤を骨折していましたが脳・脊髄他には異状なく手術もなく、ただリハビリーで治るのを助けるということでした。回復は目覚ましく、日に日によくなっています。27日には退院できるかもしれません。
 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また雨かよ!

2014年06月23日 | インポート

この14日間、毎日雨が降っています。それでも、量は少なくなってきているので畑での仕事もできるようになってきました。昨日はカボチャの苗を植え終わり、今日は中断していたジャガイモをまきました。その途中でのかなり大粒の雨でした。天気予報にはなかった雨で、口に出た言葉でした。またもや中断してハウスでの支柱立て。1棟は終わり残るはあと1棟。
 ミニトマトの脇芽も次から次と出てきてかなり伸びています。この仕事は午前中の仕事なので、昼からは気になっても手出ししません。
Ca3h0019

 無農薬・無化学肥料で作ったいちごです。日照不足でしょう、これからもっと甘くなります。

Ca3h0014 いつの間にかポリジの青い花が咲いていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチゴが色づき始めました。

2014年06月17日 | インポート

 ミニトマトもぐんぐんと伸び、早く支柱をしてあげなければ・・・
それにしても雨が続きます。もう10日以上、毎日降っています。畑にも入れず、草はボウボウと伸びています。そんな中、イチゴが色づき始めました。明日くらいには初物が食べられそうです。

Ca3h0008

Ca3h0005

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カッコウが鳴かない。

2014年06月03日 | インポート

 5月20日過ぎには鳴くはずのカッコウの声が今年は聞けません。江部乙ではもう10日も前から鳴いているのですが・・・。どうしたことでしょう。農作業の重要な目安となるカッコウが鳴かない。今日の異常な高温も関係があるのかもしれません。十勝では北海道内では観測史上最高の37.8℃とか。
 ハウス内の仕事も午前中で打ち上げ。午前中でハウス内は40℃を超えています。両サイドのビニールは目いっぱい開けても最高59℃にもなりました。明日はもっと上がるようです。
今が夏で7,8月は秋になるのかもしれません。

カッコウは環境に敏感な鳥です。近くでビニールなどを燃やしていると近寄りません。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧知の友が…

2014年05月31日 | インポート

今日から直売所を構えて臨みましたが売れません。以前のように1か所に集めて設営するのがいいのでしょうが、参加費1万円也が障害になっています。売り上げの10パーセント程度にすべきでしょう。
 それでもこのブログを見て来てくれた友人との久しぶりの再会がうれしかった。明日も頑張るか!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菜の花見ごろを迎えています。

2014年05月23日 | インポート

Ca3h0009

5月20日の様子です。7分咲き?31,1日(土日)ごろがピークになるのではないかと勝手に考えて直売会を31.1日にやります。山菜や花・野菜の苗の販売をします。場所は下の地図を見てください。黒く塗りつぶしたところです。時間は10時から。

 「里山農縁」構想の説明もその時随時、個別に行います。興味のある方は是非いらしてください。「市民農園」 として畑をお貸しすることも可能です。ただし、化学肥料、農薬、除草剤等のご使用はご遠慮ください。 技術指導も致します。またこれから農業(米作以外)をしようと思ってる方も歓迎です。うつやひきこもり等自立支援の居場所としても活用してください。 みんなの力でいろいろな「農縁」活用方法を検討してみましょう。

_20140523_2

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NATURE FOLK LIVE~菜の花畑を眺めながら音楽を聴こう

2014年05月13日 | インポート

Img_8352_2

Img_5645_2

 また菜の花祭りが始まります。

菜の花ミュージックジャンボリー 5/31 11:00~14:00

フルーツの丘ふれあいセンター

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

報道されなかった東京の放射能汚染。

2014年04月19日 | インポート

 3.11の「報道ステーション」。その放送内容は取材したすべてが放送されたわけではなく、敢えて伏せられた情報があったということです。

表に出せない関東の汚染


報道ステーションの放送内容については、「みんな楽しくHappyがいい」さんのブログで内容を書き出してくれていますので、放送をみていない人はリンク先を参照してください。

子どもが甲状腺がんに・・・ 母が苦悩の告白3/11報道ステーション(内容書き出し) ? みんな楽しくHappy?がいい♪
みんな楽しくHappyがいい


で、この取材では関東の子どもの被ばくについても調べたそうですが、東京の汚染については全面カットとなったという話です。
次の内部被ばくを考える市民研究会代表・川根先生のインタビュー記事にそのことが書かれていました。

じわじわ進行する内部被ばくを黙殺する巧妙な安全キャンペーン

福島・関東で放射能による子どもの健康被害が増え続けている。だが国・行政による情報隠しと対応の遅れは深刻だ。特に関東は意識されること自体が少ない。川根さんは中学校の理科の教員で、今回の地震後にすぐ「放射線測定メール」を発信し、友人と「内部被ばくを考える市民研究会」を2011年8月に立ち上げた。日々接する子どもたちへの被ばくの広がり、教育現場での困難、今後について話を聞いた。(園良太)

<中略>

「無いこと」にされている関東の子どもの健康被害

川根…「放射能防護プロジェクト」に参加している三田茂さんという医師がいます。この3月に小平市の病院を閉院して、東京から岡山へ移住することを決断されています。今年3月11日に、『報道ステーション』で古舘伊知郎さんが甲状腺がんの特集をやりました。古舘さんは三田先生にも取材に行っています。

三田医師は、東京・関東の子どもたちの血液、特に白血球の数値が低くなっている、と明らかにしました。それは柏市や三郷市のようなホットスポットだけでなく、埼玉市や川崎、横浜、相模原の子どもたちの数値も悪くなっている、と指摘しました。

話を聞いた古舘さんたちは驚いて、「先生の名前と顔が出るが、話していいのか」と聞きました。三田先生は「大事なことだから、きちんとした良い番組を作ってくれるなら出して構わない」と、OKを出しました。ところが、数日後に連絡が来て、<mark></mark>

「実は東京が危ないということは報道できない」

と、全面カットになったそうです。福島だけの問題になってしまいました。

三田先生は、他の医師にも「甲状腺エコー検査機器を共同で買って、治療し直しましょう」と呼びかけているのですが、反応がない。多くのテレビ局や新聞社からも、「東京の子どもの健康問題はどうなっているんだ」と取材を受けていますが、一本の記事にも番組にもなっていません。今のマスメディアは、「東京は安全だ、危険なのは福島だ」という情報操作がなされているのです。

2014/4/10 人民新聞 より引用

三田先生の講演については、このブログでも以下の記事を書いています。
講演会の動画を貼っていますので、ぜひそちらもご確認ください。

?【気になるニュース】被ばく牛のDNA損傷を調査|一方、被ばくした関東の子どもたちの血液像は?

安全という人が多数いる一方、調べた上で警鐘をならす人もいる、ということを気にしておきましょう。




2014/04/17 追記
当サイトで測定した首都圏の汚染状況

?【除染基準0.23μSv/h】これはなんの放置プレイ?

?【路傍の土】コンクリートに囲まれた日本の「都市型汚染」が見過ごされていませんか?

?【測定と除染】一度ではダメ!埼玉であってもセシウムは再度溜まります

?【指定廃棄物】あなたの学校は大丈夫?

?【堆肥4460Bq/kg】落ち葉掃除をやらせなかった英断!

?高崎線の車窓から~宮原駅周辺で0.9μSv/hの場所も

?【皇居周辺1μSv越え】日本人は加害者になってないか?

?【公園測定】調整池は大きな雨樋のとば口だった!

?【都内ヤバイ!!】日本橋の汚染はちょっと凄いぞ!

after311.info より      

 

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もやります。

2014年03月30日 | インポート

123jpeg

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強いシバレ続きます。

2014年01月21日 | インポート

 寒い、寒い、寒い。
ここ連日ー20度の世界です。これなら少しくらい雪が降ったほうがいいですね。灯油も高いので、あまりボンボン燃やすわけにもいかず・・・

 Ca3h

 車庫屋根の雪落としの最中に撮ったもの。ハウスパイプに雪が積もって何トンもの重さになっています。もう限界でしょう。潰される危険があるので、今日はパイプの雪落としです。

 先日の新聞に大企業の内部留保がこの1年で5兆円も増えてと報じていました。一方では、民間企業労働者の年間平均賃金は、ピーク時に比べ約60万円もへっているとのことです。
 もうひとつ、気になる記事がありました。カット野菜の売れ行きが好調で、これからも伸びる可能性が強く、食品関連会社は、その増産体制を構築するとのことです。
 カット野菜の需要は、ひとり暮らしの老人、若者、単身赴任者などに支持され、これからの人口動態を見ても、十分採算があると判断されているようです。
 大手、キューピーと全農が立ち上げた(株)グリーンメッセージ(出資金20億円、キューピー51%、全農49%、2013.12設立)。事業内容はカット野菜等の青果加工品の製造・販売で、売り上げは2015年18億円、2025年100億円を計画している。
 レタスチップ・千切りキャベツ・ミックス野菜・小ネギスライスなどが中心で、特にサラダ、サンドイッチ、トッピング用などの生食用で、生産技術力と品質力を活かし、安全・安心、健康栄養、利便性をうたい衛生面で鮮度の良い商品作りを行うという。
 以前、『カット野菜』を書いたが、「安全・安心、衛生的で鮮度の良い商品とは何によって裏打ちされているのか見極めることが重要です。また、「健康・栄養価」を謳うならば、その陰にあるものの正体を確かめる必要があります。
 レタスチップなどは数時間で腐るものなのです。腐らなくすることが彼らの「安全・安心」なのです。価値観が全く逆なのです。
 また、野菜は水洗いをするほど栄養価は失われます。なのに、「健康・栄養」をうたうことは添加物の使用を認めているようなものです。

 それにしても人の力、調理する喜び、食べる喜び、体を作る喜び、が失われています。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりにお日様が・・・

2013年05月16日 | インポート

 昼過ぎからようやく晴れ間が出てきました。裏山のカタクリの花も昨年より10日遅れで咲きました。
Ca3h0002_3 
 明日も天気はよさそうです。でも、明朝の予想最低気温は氷点下です。またハウスのストーブに火をつけてきました。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

寒いです。

2013年05月13日 | インポート

 本州では30度くらいまで上がっているのに北海道は冷蔵庫みたいです。昨年も雪は多かったのですが5月になって一気に解けてしまいました。しかし今年は昨年よりも雪は多かったのに雪解けもゆっくりです。これでは春、夏の農作業が大変になりそうです。桜はいつになるでしょう。今年は開花日=満開とはならないかも・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タネの支配。

2013年03月03日 | インポート

 純粋な有機的種子や安全な食料を家族や消費者のために生産するというわれわれの権利が脅かされます。遺伝子組み換え作物の花粉や種子が風や昆虫によって運ばれて来たとしても、遺伝子汚染の被害を受けた農家が特許権侵害で告発され、断罪されるという判例が米国内で相次いでいます。ベトナム戦争で使われた枯葉剤の製造メーカー、モンサント社です。
 遺伝子組み換え作物にプログラムされた特性は次世代にも引き継がれます。しかしこれで種をとることは禁止され、毎年購入することになります。除草剤をまいても枯れない作物
。これが日本国内に持ち込まれたら大変です。さらに、近年、種子自らが次世代の発芽を抹殺するようプログラムされた「ターミネーター(自殺種子)技術」まで開発。ここには安全安心を消費者に届けるという考えはありません。とにかく自分だけが儲かればいいという企業倫理だけです。儲けるために膨大な資金や先進技術で圧力を加える。TPPの先行きは見えています。「自由貿易」に邪魔となる日本国内の法令、条例はなくさなければならないのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加