球形ダイスの目

90%の空想と10%の事実

レクイエムの座標変換

2017-05-17 | マジメな話
I love you baby Fukushima ~
I need you baby Fukushima ~
I want you baby Fukushima が好き~

なんだか知ってますか?

東日本大震災のときに福島県のテレビに乗って流れた歌のサビ。
猪苗代湖ズとかいう名前のバンドが歌っていた。
個人的には何がbabyなのかわからないのと、曲そのものがシンプルどころか安直な印象もあり
あまり好きにはなれなかったのだけれど、それでも福島の被災者のみんなはこの歌を放心状態で聴いていた。
全体としては、みんな大変なことになってしまったが
俺たちは福島が好きだ、前を向いて歩いていこうよという趣旨の曲だった。

親が実家を追われ喜多方付近のホテルに寝泊まりしている頃に、
自分もそこを訪れ、テレビを見、他にすることもないホテルの部屋で
上の歌を聴いていた。狭い部屋で外にも出られないため、少し両親の仲が悪くなっているのを尻目に。



なんでこんなことを思い出したか。読者の皆様には少々理解しがたい話と思うが、
先日所属しているオケでフォーレのレクイエムの曲紹介を書く機会を頂いたときに、
何故か真っ先に思い出したのがこの歌だった。

さらに、僕とは別のメンバーがレクイエムに関する文章を書いており
そこでは全く別のニュースから着想を得ていたことに結構な戸惑いを覚えた。

彼が震災のことを取り上げなかったことに最初に驚き、
関東が実家の人はそこまで震災のことなんて思い出さないよな、と納得した後に、
レクイエムという言葉からほとんど一直線に震災のことを思った自分にこれまた驚いた。
自分で思っているより、自分の頭の中では震災とレクイエムという言葉が傍にあった。

震災で実家に帰られなくなったこと、一時期姉と全く連絡が取れなくなったりで
多少自分に打ちひしがれている時期があった。その際に自分を励ましてくれた人がいる。
「自分が本当に耐えられないようなことは、起こらない」という言葉をくれたことを今でも憶えている。
その人は、カトリックの洗礼を受けており、その教えから影響された言葉だったこと。
あぁ、こんな時に神様が出てくるのか、と思ったこと。

僕にとっては、音楽とは、風景に絡まって人の記憶のガラス板に張り付くネバネバした糸のような存在である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の日 | トップ | バラが黄色くなっていく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む