オオカミになりたい

ずっとそばにいるよ

津起の百姿 月の四の緒

2017-07-18 | 月百姿

月岡芳年 月百姿

『月の四農緒』 蝉丸

明治二十四年印刷

四農(の)緒→四つの緒(よつのお)のことで

四弦であるところから琵琶の別名をいう

 

蝉丸(せみまる)は平安時代前期の伝説的歌人。

生没年不詳

盲目で琵琶に長じ、逢坂(おうさか)山に住んで

源博雅(みなもとのひろまさ)に秘曲を授けたという。

 

国立国会図書館デジタルコレクション 097

 

描かれている月からすると

源博雅(みなもとのひろまさ)が琵琶の秘曲を伝授されたという

「今昔物語集」の8月15日の場面であろうと思われるが

博雅は6/27記事「朱雀門の月」で紹介しているので

ここでは 能「蝉丸」より転載します。

 

延喜帝(醍醐天皇:885年〜930年)の御代

盲目の身と生まれた第四皇子蝉丸は

逢坂山(近江と山城の境)に捨てられることとなった。

供をする廷臣の清貫(きよつら)は蝉丸を出家させて

蓑、笠、杖を与えると名残をふりすて都に帰ってゆく。

蝉丸は前世の業障を現世で果させんとの父帝の慈悲と

琵琶を胸に涙のうちに伏し悲しむのでした。

その後、博雅の三位の世話で蝉丸はわら屋に住むこととなる。

その頃、皇女逆髪は狂乱のあまり京を彷徨い出て逢坂へとやって来た。

そこで逆髪は弟、蝉丸との思わぬ再会を喜ぶが

やがては別れゆくのが人間の運命。

旅立つ逆髪と留まる蝉丸は今生の別れを惜しむのであった。

 

尾田郷澄 妖怪絵巻より 逆髪 

 

『世の中は とにもかくにもありぬべし 宮もわら屋も果てしなければ』

 

ジャンル:
コレクション
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丁酉年閏皐月 二十三夜月(下... | トップ | 丁酉年閏皐月 二十五夜月 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
坊主めくり (流生)
2017-07-18 08:33:39
妄想狐さま
おはようございます。

蝉丸でいいかぁ。いい加減なやっちゃ!!
『蝉丸』で検索したら出てくるのは百人一首の「坊主めくり」ばかりだねぇ。
蝉丸の絵が出たら持ち札を全て捨てなければならない!後は色々あり。

「これやこの 行くも帰るも わかれては 知るも知らぬも あふ坂の関」
これが百人一首・第10番
小倉百人一首の中で5本の指に入る!

ってところで帰って来た!
月岡芳年のこの絵はススキが描かれている。手前には秋の七草だよね。
十五夜だよね。着物も厚着だけど粗末じゃないね。壁はヒビ割れてるか~
ね!盲目じゃなかった諸説もある!まぁ生没年不詳。これでチャンチャン。

ちょっとーー最後の妖怪っちゃ何?おっぱいある!誰?狐さまの知り合い?
最後の句の訳も見てきた!

じゃ またね。ありがと。うふふ。ラロロラロレ
じゃ またね。ありがと。うふふ。ラロロラロレ
聞いて聞いて!!
ドコモで又遠隔操作して貰ったのね!そしたらね。悪戯防止してる所からね。
巧妙に侵入した形跡が見つかった!最近エロいメールが来るから開けずに
削除してたんだけど引っかかったみたい!そして目出度くなおりました。
ご心配おかけしました!ごめんね!
行ってらっしゃい^^行ってきます♪
 (妄想狐)
2017-07-18 16:27:29
流姫殿
おかえり。

蝉丸。地味な人かと思ったら、和歌あり、物語あり、謡曲ありの
超有名人ぢゃーないですか。
でもね、醍醐天皇の第4子、逆髪が第3子ってことになってるけど
wikiにはそんな人の記述が全くないんだよね。

新古今和歌集に選ばれるは、神様にまで祭りあげられるはの謎の人
盲目にすれば説話をつくる上で扱いやすかったのかなぁ?

スマホのエロメール読んでいたらウイルスに感染していた?
そして流失、ゴシップになるとこだった。よかった。よかった。ラロロラロレ
でもメールをくれるんだから知り合いぢゃろ。どうしてそんなメールが来る!?
ご安全に!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

月百姿」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。