オオカミになりたい

ずっとそばにいるよ

月百姿 竹生島月

2017-05-26 | 月百姿

月岡芳年 月百姿

『竹生島月 経正』 

(ちくぶしまづき つねまさ)

明治十九年届

 

平経正(たいらのつねまさ)は平安時代末期の武将。父は平経盛。

生年不詳~寿永3年2月7日没(1184年3月20日)

 

木曽義仲討伐のために北陸へ向かうなか

琵琶湖竹生島に渡り、戦勝祈願をした

国立国会図書館デジタルコレクション 067

 

平家物語 巻七 竹生島詣 より

経正が竹生島明神の御前にひざまづき読経していると

だんだんと日が暮れ居待の月が湖上を照らし社殿もますます輝きます。

まことに趣き深かったので常住の僧が「これは名高い琵琶です」と

琵琶を差し出してきました。

受け取った経正は、秘曲・琵琶三曲の中から「上玄」「石上」を弾きます

お宮の中も澄み渡り 明神も感動に耐えなかったとみえ

経正の袖の上に白龍が姿を現しました。

経正はあまりのかたじけなさに琵琶を置き詠いました

『ちはやぶる神に祈りの叶へばや しるくも色のあらはれにけり』


まもなく朝敵を成敗し、凶徒を退けることは疑いないと喜び

船に乗り竹生島をあとにした。


原典「平家物語」 竹生島詣/菊川怜  くだり

ジャンル:
コレクション
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都きの百姿 嵯峨野の月 | トップ | 徒きの百姿 法輪寺の月 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
月岡芳年 (流生)
2017-05-26 07:38:22
妄想狐さま
おはようございます。

『竹生島月』平経正

昨日。なぜ真剣になるのかなぁ~だったので。
そうだったんですか。感想文です。
居待月が湖上を照らすまで、それで経正の右手の青く描かれているのが
「白龍」が姿を現したので 弁財天に私の祈りが届いたのであろか。
はっきりとしるしの現れたことよ。
平家物語は悲劇故に だが「竹生島月」と「那須与一」は例外だったのであろう。
謡曲 竹生島
緑樹の影は湖面に沈んで 魚も木に登り 月の兎も波間を走る

いやはや。だだの素晴らしい!で留めておくべきみたいですね。
だんだんと奥深くなり私の頭ではただの感想文しか書けなくなりました。
毎日毎日お邪魔すれば返コメも書かなくてはならない狐さまのご性質。

私は重くなってはいませんか。
真剣になるのかなぁって皆が言いますが真剣に生きなければならなかった。
ごめんなさい。辛かった。今まで出会った人と同じだ。。。ごめんね。チャンチャン

じゃ またね。は答えを待つことにします。ランキングに参加して同意を得たりはしない。
私は毎日が真剣だから狐さまのブログにも。返コメに共有のことすら無い。
じゃ ごめんなさい。結局は愚痴で終わっちゃった!ありがとうです。
??? (妄想狐)
2017-05-26 11:05:07
流姫殿
おはようございます。

なぜ真剣になるのかなぁ←朝一からの調べ物は大変なのにと思って
大意はなかったんだけど、傷つけてしまったみたいだね。
謝ります。言葉が足りませんでした。

狐は一万円札でありたいから財布にしまっておいていてもらえると嬉しいね。
聖徳太子のピン札だよ。
はねチャンがすねたの2回目か!。すねたはねチャンも素敵だ。(謝)
今日から新月だから、機嫌がなおったら新しい合言葉を考えてくれるかな? 

はねさんに嫌な思いはさせられないから、今日までのコメントは非表示にしておきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。