オオカミになりたい

ずっとそばにいるよ

月百姿 朧夜月

2017-07-16 | 月百姿

月岡芳年 月百姿

『朧夜月』 熊坂

明治二十年届

 

熊坂長範(くまさかちょうはん)は平安時代末期の盗賊

生没年不詳

 

国立国会図書館デジタルコレクション 020

 

『義経記』によれば豪商金売吉次が牛若丸を連れ

奥州に下ろうとしたとき、長範は美濃青墓で一行を襲うが

かえって牛若丸に殺害されてしまった。

実在の人物であるかは明らかでない。

 

芳年武者无類  源牛若丸・熊坂長範

 

待ちかまえていた牛若丸は長範の振るう八尺五寸の棒を切り落とし

三百七十人の賊のうち八十三人まで切り伏せる。

長範は六尺三寸の長刀(薙刀)を振るって激しく打ちかかるが

牛若丸の「霧の法」「小鷹の法」に敗れ

真っ向から二つに打ち割られた。

 

ジャンル:
コレクション
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都岐乃百姿 大物海上月 | トップ | 丁酉年閏皐月 二十三夜月(下... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
月は? (流生)
2017-07-16 08:49:20
妄想狐さま
おはようございます。

『朧月夜』
熊坂長範←これはお面を被っているのかなぁ?本物なら泣くよ!怖い!
猿顔だよね。ふざけとるッタク。。。
この様子からすると「能の舞」かな?
見事かつ繊細な筆使いに素晴らしい色彩豊かに仕上げているね!
どうやらミエをきってる様子かな?

次の絵はちょー格好いい!上手いね!躍動感溢れる様がお見事だねぇ!
いやー構図の素晴らしさに参ったな。
これまた色使いが鮮明に描かれているね~牛若丸は飛んでいるね!
うわぁ~この絵は好きだなぁ。今更だけどさ!月岡芳年見直した!
370人の賊のうち83人まで切り伏せる!ほんまかいな?←これこれ。そなた
6尺3寸?ながーーいことは分かる!
「霧の法」「小鷹の法」ってさぁ
佐々木小次郎の「燕返し」の剣法なん?

今日はどこにも行かなかった!
狐さまの所だけ~~ごめんなさい。
はっっ
共有。。。よく考えたら狐さまのパクりだったと思う!もう頭も栄養失調だ。

じゃ またね。ありがと。うふふ。ラロロラロレ
じゃ またね。ありがと。うふふ。ラロロラロレ
今朝も早起きしたんだよね。ありがと。月
あれ?スマホの調子が悪くて変だよ!
途中の文字が消えない?
もう一度は書けないからごめんね☆
なんじゃろ?祟り~休日だから?
鱧のフライ←注文受けてたつ!!野菜もたっぷり。茄子採れたでしょ。
焼き茄子にしようね~ビール付~
楽しみに待っててね ~ (^^/***
躍動 (妄想狐)
2017-07-16 11:59:39
流姫殿
こんにちは。

そうなんだよな~ 月がどこにも無い!。闇の月だよ。ヤミツキ。
こらこら、顔のことを言ってはいかん!。てか 上杉謙信も戦の時にはこんな面を被っていたとかあったけどね。
戦い顔なのかな?。盗っ人顔じゃがないよね。謙信の時まで も一度調べておくよ。

「小鷹の法」は自分の姿を小鷹に変えて空を飛ぶ術だって。まさしくこれだね。
剣術の師匠が鞍馬天狗って話もあったもんな。こんな天才でも負ける時があるんだ。
「霧の法」は毒霧を吐きつけるのかな? グレート・ムタで見てね。
熊坂バウワーもすごいね。よく腰が入っている。アイタタタってなってないよね。

鱧フライ 羽チャンのレパートリーにあるのか。さすがだね。感激。感激。ラロロラロレ
でも夏バテ大丈夫かな。手伝うしリポビタンもあるよ。さっき飲んじゃった。ふふふ。
 
スマホが祟った? その時間は墓地の清掃だったからなんか飛んでいったかな? 
もうクッタクタだよ。そういえば狐の肩も重い。。。 
南無南無したから安心して。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

月百姿」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。