オオカミになりたい

ずっとそばにいるよ

都岐乃百姿 大物海上月

2017-07-15 | 月百姿

月岡芳年 月百姿

『大物海上月』 弁慶

(だいもつかいじょうのつき べんけい)

明治十九年届

 

 

大物浦は摂津国淀川旧河口にあった船着き場

 

 

弁慶(べんけい)は平安末期・鎌倉時代初期の僧

武蔵坊と称し 源義経の家来として活躍した

生年不詳文治五年閏四月三十日(1189年622日)

 

国立国会図書館デジタルコレクション 074

 

能楽『船弁慶』 

兄の頼朝の討手から逃れる旅を続ける義経一行が

大物浦にたどり着いた。

静御前との別れを惜しみ出発をためらう義経に

弁慶は強引に船出を命じます。

 

船が海上に出るや否や、突如暴風に見舞われ

船はいっこうに進まなくなり

壇ノ浦で滅亡した平家一門の亡霊が姿を現しました。

中でも、平知盛(たいらのとももり)の怨霊は

なぎなたを小脇に抱え凄まじい形相で

義経一行に向かって襲いかかってきます。

が、 そのとき義経少しも騒がず 大刀を抜いて立ち向かい

弁慶も数珠をもみ必死に五大尊明王に祈祷します。

その祈りが通じたのか、明け方に怨霊は彼方の沖に消え

白波ばかりが残りました。

 

 

『大物之浦ニ霊平知盛海上二出現之図』

 大蘇芳年 新形三十六怪撰

 

ジャンル:
コレクション
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丁酉年閏皐月 二十夜月(更待... | トップ | 月百姿 朧夜月 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ででで出た! (流生)
2017-07-15 08:31:31
妄想狐さま
おはようございます。

『大物海上月』弁慶
月岡芳年いやはやお見事な図案配置して荒々しい波と妖怪のさまを表現。
満月もいささか怪しげに弁慶だよね。
下の芳年は平家一門の霊。波の上にいるからね!足がある幽霊←こらこら。。
こちらの波の色は薄いさざ波だっているよね!何故変えたのだろう?

静御前は「私も連れて行って」とせがんだが女連れは難しいと佐藤忠信に預ける。
能の芝居では静の別れの「舞」歌舞伎舞踊のことばかり載っているよね。
さっきも能の芝居を見てきた!
いやいや下の芳年は「義経」か~槍を優雅に操りってあるもんね!
だから色彩豊かなんだね。違う?あれ?疲れた!.com~~orz

やっぱり曇ってたんだね!早起きしたのにごめんね。眠いね。寝てるか。w
お疲れさまでした。ありがとうございます☆
じゃ またね。ありがと。うふふ。ラロロラロレ
じゃ またね。ありがと。うふふ。ラロロラロレ
すんごい晴れ~UVケアバッチリ完了した!ご飯食べれん。ウィダインゼリー。
あのねのね。今日はお母さんの誕生日なの。ご馳走作って下さーい☆
☆HappyBirthday☆よろしく頼んだ!
行ってきます^^お母さん喜ぶ!
素敵☆な三連休をお過ごし下さ-い♪
誕生日には (妄想狐)
2017-07-15 14:26:16
流姫殿
こんにちは。

弁慶のほうは明治19年で、知盛のほうは明治24年だったかな?
間があったからどんな波だったか忘れてしまったかもね。
ここの話は義経千本桜にも出てくるから、超有名なシーンだよね。狐も出てくる話。
もう転覆しそうな波じゃん! ここではよくぞ無事だったものだ。

今朝は3時起きで空振り、その分昨日はオールスターゲームを見ながら 
今日は夏のごちそうの鱧フライが食べたかったけど、羽チャンには無理だな。
誕生日の定番といえばカレーライスだよね。←いつの時代の話だ! それも無理だし。
ということはこれだね。のど越しつるりんのとろろ蕎麦だよ。ラロロラロレ

関東ではお盆だから、ひんやりする幽霊の話も少しを混ぜてみるかな
月百姿の資料もだんだん探しにくくなってきているから気分転換にね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

月百姿」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。