オオカミになりたい

ずっとそばにいるよ

月百姿 貞観殿月

2017-06-20 | 月百姿

月岡芳年 月百姿

『貞観殿月 源経基』 

貞観殿(じょうがんでん):平安宮の内裏の建物名 内裏の北辺にある。

明治二十一年印刷

 

 

源経基(みなもとのつねもと)は平安時代中期の武将。清和源氏の祖。

延喜17年(917年)?~ 応和元年(961年)114

花山寺の月(4/20)に登場した源満仲は経基の嫡子。

国立国会図書館デジタルコレクション 060


< 前太平記 巻一 第五話 経基射鹿給事> より

経基鹿を射る

『やはり曲者であるな。もしも私の姿を見れば、逃げてしまうだろうか。

射損ねたようでは、この時の恥辱のみならず、末代までの不名誉である。』


と、貞観殿の階段の下に座り隠れて、弦を少し湿らし、鏑矢をつがえ、

あの鹿のいる場所を十分に気を付けてよく見て、少し弓を引きしぼって、

狙いを定めてひゅっと放つ。その矢は少しも狙いを外さず、

左の胸先から右の耳の根まで、白い矢先を射出したので、

どうして少しでも堪えることが出来るか、真っ逆さまに転び落ちる。


摂政(藤原忠平)をはじめとし、三公九卿の家々の武士や内侍、命婦の女官に至るまで、

「おお、撃ったぞ、撃ったぞ」という声に、御殿も揺れ動くほどである。


その後、この時の鹿を淀川の浅瀬に柴漬(ふしづけ→罪人などを簀巻きにして

水中に投げ入れること)にしてしまった。

すぐに斎部・卜部の両家にお命じになって、色々な御払いをして、穢れをお清めになった。


出典元:gekkaan.web.fc2.com/zt5.html

 

ジャンル:
コレクション
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丁酉年皐月 二十四夜月 | トップ | 月百姿 山木館の月 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
勉学の始まり始まり~ (流生)
2017-06-20 08:09:35
妄想狐さま
おはようございます。

『貞観殿・源経基』

φ(._.)メモメモ あかん。久しぶりで検索したけど出て来ない!疲れた!
狐さまのまんまで横から喋ろう~っと。曲者のはね
これでは「鹿」って例えてあるけど大袈裟じゃない?
末代までの不名誉。鹿に見立てて曲者って悪人じゃない?
わざわざその射止めた鹿を罪人を投げ込む淀川に投げ入れる!ってさ。
御殿も揺れ動くほどの歓声が気にかかるわ。よいしょ←って事かな?
「羽はここまで愚かぢゃったか。知り合ったのが末代までの不名誉である」
って狐さまは思ってる?ごめんね。

月岡芳年
見事な満月を描いているね!
弓を引く経基の着物の袖が大きく膨らんでいるのは意気込みを感じるね。
ありゃ。今気づいた!鹿が矢に当たっているじゃん。前のは帳消しにして !!
ちょっと遠近感足りんけど枠からはみ出している所が。。。お見事ですだ。

わ~~ん雨続き(≧∀≦)疲れる!
もう検索しないで狐さまに乗っかる!戦法に変えた!でこじゃる。

じゃ またね。ありがと。うふふ。ラロロラロレ
じゃ またね。ありがと。うふふ。ラロロラロレ
昨日ベッドに入るまでRe.コメ無かったから心配した!心配した!
ストレスで頭が禿げたかもしれんわ~今日帰ったら毛繕いしてちょ~~ww
行ってらっしゃい^^行ってきます♪
忙しいんだね。頑張ってね~(。・_・。)hi
すまんでござった。 (妄想狐)
2017-06-20 11:07:23
流姫殿
おはようございます。

絵は美しいけど、資料を探すのが難しい。月の絵に乗っかって
解説を作ろうと思ったのが間違いだったかな? 文章も出来ないのに
これから当分は雨の日ばかりか。この先どうすべぇ!
この間の 源氏夕顔の巻にあるという「かしかまし・・・」なんてのも
見つかりゃしないのよ。

昨日はコメント返したつもりが本投稿忘れていたみたい。
今朝気づいてしもたから あちゃー 怒っているだろうなと思ったら
やっぱり角が生えていた、鹿の話だけに。チャンチャン。これで許してたもれ。
     ↑
お~い、座布団全部持って行って!

ほんとかな? 禿げたって。じぁー今日はワカメの酢の物だね。ラロロラロレ
さぁてと 暑さにやられないうちにポッチっと確認確認。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。