オオカミになりたい

ずっとそばにいるよ

月百姿 原野月

2017-04-22 | 月百姿

月岡芳年 月百姿

『原野月』 保昌

明治二十一年印刷

 

藤原保昌(ふじわらのやすまさ)は平安時代中期の官史

天徳2年(958年)~ 長元9年(1036年)9月

藤原南家巨勢磨流 右京大夫・藤原致忠の子

丹後守として赴任する時は和泉式部を伴って下った

 

『宇治拾遺物語』より

国立国会図書館デジタルコレクション 007

 

平安時代中期、袴垂(はかまだれ)という盗賊がいた

この男、十月のころ衣服が欲しくなったので

笛を吹きながらそろりそろりと歩く保昌の衣を奪おうとしたが

隙のなさに圧倒され家まで連れていかれ 綿入れの衣を与えられたという。

 

明治16年(1883)出版の【武者无類外ニ三枚続キ画帖】

藤原保昌月下弄笛図(ふじわらのやすまさ げっかろうてきず)

国立国会図書館デジタルコレクション

ここでは大蘇芳年となっている

 

ジャンル:
コレクション
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都幾百姿 世尊寺の月 | トップ | 丁酉年弥生 二十六夜月 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
月の変化? (流生)
2017-04-22 07:23:10
妄想狐さま
おはようございます。

はて?また怪しげな姿で なるほどそういうことか~~
十月の頃となると上弦の月にしても変だよ!Macのバーガーを一口囓った月みたい!
何の意味合いの芳年だったのだろう?
またまた(袴垂)までの道のりが遠かった!イラスト漫画から祖父は死後に怨霊となり・・・その他大勢も怨霊かい!!
二枚目の絵はよく描けているね~ってここじゃ満月だよね~何じゃ!曲者!!
笛の達人だったのかなぁ。笛を吹きながら我が家に連れて行き土足で上がったので、この家の主と知る!だって
藤原氏は南・北・武家・京家・ んーん後はホニャララ。分からん。
享年79歳は長生きだよね~この時代に~ほんでもって芳年の改名?
絵師は珍しくない話だったのかなぁ。後で説明会に参加しまーーす!!

じゃ またね。きちんとシフト組んだよ!土曜日出勤して月曜日に振り替え。
家庭の事情で皆さん土曜日出勤は嫌がるからひとりもんの出番さ~
あの~~昨日はごめんなさい。は?やばい!逃げろ!ありがと。うふふ。ラロロラロレ 怒ってる?こっち見ろ!逃げろーーーっ。。。
ふじわらの~ (妄想狐)
2017-04-22 10:54:53
流姫殿
おはようございます。

酒呑童子を退治しに出かけたかなりの武人らしいけど
この山賊はきっと笛の音で催眠術にかかったんだろうな
でなきゃあ のこのこ家までついて行かないよね。

この月も雲の中にめり込んでいるから齧りかけみたいになってる。 
何かの暗示かな? 俗人にはわからへん!
下の絵では雲が被っているからまともなんだけどね
ウイキには画号は大蘇まで色んなの使ってたとあるね 月百姿の枠外では月岡米二郎となっているんだけど。

3日もふじわらの~が続いてきたから そろそろ別のにしないと飽きられちゃうかな。
月 はやく出ないと最後の月が見れないよ~ ラロロラロレ 逃げるな!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。