MOONIE'S TEA ROOM

大好きな読書や言葉、料理のコトなど。

赤坂Top'sの「【ザ・トップス】しっとりChocolatecake」

2017年02月22日 | 料理&美味しいもの
 夫が東京出張ということで、東京駅の「グランスタ」で限定先行販売中の「【ザ・トップス】しっとりChocolatecake」を買ってきてもらいました。
 誕生日プレゼントにおねだりしたら「久しぶりにトップスのケーキも食べたかったし、いいね」と、快諾。

 結婚当初、義理の父からの誕生日プレゼントはトップスのケーキでした。
 いつもお店から発送してくれていたのですが、ある時から「発送できなくなった」ということで、トップスのケーキはなかなか食べられなくなっていました。

 久しぶりに食べたいなぁと思っていたら、今回の限定先行販売。
 バレンタインデーの関係でしょうか、この時期に販売なんて、嬉しい偶然です!
 (夫には、「よく見つけたねぇ」と驚かれてしまいました)

 「【ザ・トップス】しっとりChocolatecake」の、外箱の上面は明るい青。手提げ袋も同じ青です。

 個包装の内箱は、チョコレートケーキの箱のデザインと同じように「Top's」の文字が散りばめられています。

 内箱の中に、銀色の袋があって、

 さらにその中に、茶色のトレー。

 なかなかしっかりと包装されています。

 トップスのチョコレートケーキやキングスチョコレートケーキでは中に入っているクルミが、上にトッピング。
 色は、キングスチョコレートケーキを思い出させる濃い茶色。
 ケーキ部分はスポンジではなくて、しっとりギュッと濃密なブラウニーみたい。

 上はチョコのコーティングで、2層になっています。
 もちろん、生地だけでも美味しいけれど、クルミと一緒に口に入れると美味しさが格別です。
 小さく切って、少しずつ。コーヒーと一緒にいただきました。
 娘も、「おかあさんっ!これホントに美味しいっ!」と大絶賛でした。

 一つの大きさは、約3.5センチ角。
 トッピングのクルミまでの厚みが、約2センチ。ケーキ部分だけなら約1.5センチ強です。
 外箱(8個入り)のサイズは、約31cm×17cm×04cm。内箱は、約7.5cm×08cm×03cm。
 箱のサイズからすると、中身が小さくてビックリしちゃうかも。

 ホームページによると、
 3個入り 550円
 6個入り 1,080円
 8個入り 1,425円。
(2017年2月現在)
 1個 180円前後ということですね。

 賞味期限は、2ヶ月近く先。(2月20日購入の商品が、4月17日の賞味期限でした)
 日持ちするのが嬉しいですね。
 冷やして食べると美味しいと書いてありますが、常温保存可能。
 もちろん、チョコレートですから涼しいところ、冷暗所保存です。

 ただ、これを食べたらますます、懐かしいトップスのケーキも食べたくなってしまいました。
 娘は食べたことがないんですよね……。息子たちも記憶にないかもしれない。
 いつかまた、お店に行ける日がくるといいなぁ。 

<関連リンク>
赤坂トップス ホームページ
 商品情報・ケーキショップやレストランの情報・通信販売などがあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『溝猫長屋 祠之怪』(どぶねこながや ほこらのかい)

2017年02月20日 | BOOKS
『溝猫長屋 祠之怪』(ドブネコナガヤ ホコラノカイ)
著:輪渡颯介(ワタリ ソウスケ)
出版:講談社


 『古道具屋 皆塵堂』シリーズの輪渡颯介氏の新しい物語です。
 ちょっと恐くて、でも人情が温かくて、おかしくて。
 そして、今回は子どもたちが主人公。表紙も子どもたちと猫。可愛いですよね。

 猫がたくさんいる長屋「溝猫長屋」。
 (これ、「どぶねこながや」なんですが、「みぞねこながや」って読んじゃいません?)
 長屋に住む一番年長の男の子たち4人が、長屋にある「お多恵ちゃんの祠」を毎朝お参りすることになったのですが……。

 忠次と、お調子者の銀太、優等生の新七、子だくさん家庭で弟妹の面倒を見ている留吉。
 祠へお参りした日から、順番に幽霊を「嗅ぐ」「聞く」「見る」ことができるようになります。

 子どもたちの住む長屋にまつわる悲しい出来事の謎が、1つ1つの章を重ねるごとに結びついて、最後にはまとめて「始末」がつく……。
 恐さの中に悲しみがあり、悲しみの中にも謎の解かれる爽快さがある、そんな「謎解き怪談」です。

 子どもたちを見守る大人たちも個性的。
 子どもが大事すぎて口うるさい長屋の大家、吉兵衛。
 元悪ガキ、岡っ引きの弥之助。
 手習い所のお師匠さん、古宮蓮十郎。
 いろいろな事情をのみこんで行きていく大人の世界と、無垢な子どもの世界の両方が描かれているからこその面白さかもしれません。

 この子たちの物語の続きが読みたくなります。
 シリーズ化するかしら?期待して待ちたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『春、戻る』

2017年02月04日 | BOOKS
『春、戻る』
瀬尾まいこ
集英社


 結婚を控えた主人公の前に、どこからどう見ても年下の「おにいさん」が現れます。
 彼は一体誰なのか。
 思い出せない、思い出すのが辛い過去の中から現れた不思議な青年は、主人公だけではなく、周りの人々も巻き込んで、優しい「おにいさん」としての時間を過ごしていきます。
 料理を作ったり、デート(?)に行ったり、結婚相手とも自然に仲良くなった「おにいさん」に振り回されながら、次第に心を開いていく主人公。

 悪い人がほとんど出てこない物語です。
 優しくて、そして温かい、人とのつながりを感じる物語です。

 表紙には桜餅。
 苦い想い出も、桜餅の葉の硬い筋の部分のように、やっぱり必要なものなのかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『おばちゃんたちのいるところ』

2017年01月26日 | BOOKS
『おばちゃんたちのいるところ』
松田青子(マツダ アオコ)
中央公論新社


 この本は、17の短編からなる連作集です。
 少しずつ重なるように登場人物が出てくるので何度も前に戻りつつ、ふしぎな設定にわくわくして、最後まで新鮮な気持ちで読みました。
 どの話も、幽霊が出てきたり、恨みつらみもあるのに、なんともユーモアがあって、優しくて、面白くて。
 小幡彩貴さんのイラストも、可愛くて楽しげで、物語にぴったりです。
 人間の困ったところ、良いところ。そして、いろいろな出会いのふしぎ。
 ダメな人間社会も、ちょっと愛おしくなるような1冊です。

 17の短編はそれぞれ、落語や歌舞伎、民間伝承などをモチーフにしています。
 知っているモチーフは「あれだな」と思いつつ、知らないものは「どんなモチーフなんだ?」と調べたり。
 巻末にそれぞれのモチーフの一覧があるのが、ありがたいです。

 そうそう。表紙の下のほうに「Where The Wild Ladies Are」って書いてあります。
 これ、絵本『かいじゅうたちのいるところ』の原題「Where The Wild Things Are」ですね。
 「Wild」って、この本では「野生の」「自然の」って感じでしょうか?
 現代の「縛り」、現世の「縛り」から自由な、自然に生きる「おばちゃん」って素敵です。
 淋しいときに寄り添って、一緒に踊ってくれる「かいじゅう」に負けないくらい。


 それにしても、パワフルな「おばちゃん」って減ってないでしょうか?
 「オバタリアン」と言われても「亭主元気で留守がいい」と言い切れる、そんな自信たっぷりの「おばちゃん」減ってるような気がします。
 今や「三食昼寝付き」なんて言ったら、「女性総活躍」を目指す方々からは白い目で見られてしまいそうです。
 私も四十路に入ったものの、いまだに周りを気にしているし、堂々とする自信もなく、自分が子どもだった頃の「おばちゃん」にはまだまだ追いつけないような気がします。
 いつか、あんなふうに強い「おばちゃん」になれるのか……。
 なりたいような、なりたくないような。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『まめまめくん』

2017年01月17日 | BOOKS
『まめまめくん』
デヴィッド・カリ 文
セバスチャン・ムーラン 絵
ふしみみさを 訳
あすなろ書房


 可愛い絵本を見つけました。
 どのページもオシャレでユーモアがあって可愛い、それに加えて「多様性」を考えることができる絵本でもあります。

 人と違っても、自分に合った生き方を見つけて幸せになれる。
 そんな前向きなメッセージが伝わります。

 原書は『Petit Pois』
 「Pois」はフランス語で「エンドウ豆」のこと。
 原書の表紙は、バッタに乗った まめまめくん。(日本語版では15ページ)
 イキイキとしている感じが素敵です。

 スイス生まれイタリア在住のカリさんと、フランスのリヨン在住のムーランさんが、カナダの出版社から出しているというのも、ちょっと面白いですね。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『すごいぞ おかあさん』(全2巻)

2017年01月10日 | BOOKS
(1)『すごいぞ おかあさん きいろいばらの巻』
(2)『すごいぞ おかあさん テレビのカレーの巻』
水玉 螢之丞 著
河出書房新社

 このタイトルに励まされる「おかあさん」、いっぱいいるんじゃないでしょうか。
 「すごいぞ」ですもん。

 主婦と生活社の雑誌『ね〜ね〜』に連載されていたものをまとめたものなんだそうです。
 ふたごの むーちゃんと もーちゃんが、お友だちの家のことを おかあさんに報告するというスタイルで、いろいろなテーマが取り上げられています。
 それぞれの家に、それぞれの楽しさがあって、「違いがあることが普通」だということが伝わってくる1冊です。

 むーちゃんと もーちゃんの おかあさんは、お茶目で聞き上手で優しいおかあさん。
 セレブで上品でお料理上手な、りくおくんの おかあさん。
 音楽好きでロックな感じの、らんまるくんの おかあさん。
 コスプレやフィギュアの服作りが趣味の自称「ちょっとオタク」な、ももちゃんの おかあさん。

 どの おかあさんも、素敵で可愛いのです。
 けっして完璧ではなくて、失敗も勘違いも手抜きもするけれど、明るくて優しくて。
 「こんな おかあさんに なりたいなぁ」って素直に思える本です。

 こうやって、子どもと話す時間をゆっくり持てる おかあさんって幸せですね。

 文章は全部 ひらがな。
 むーちゃんと もーちゃんは幼稚園児ということなのですが、幼稚園児が読むのはちょっと難しいんじゃないかなぁ。
 わが家の小学生女子は楽しそうに読んでいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かかとに ハンドクリーム

2016年12月30日 | いろいろ
 以前は冬になると かかとが乾いてしまっていたのだけど、お風呂上がりに ハンドクリームを塗ってから靴下をはくようにしたら、なかなか快適。

 昨シーズンまでは「化粧水+ワセリン」を重ね塗りしていたんだけど、かかとにも ハンドクリームをつけたら「あら、簡単」。
 ワセリンよりもベタベタしないし、かかとがしっとり柔らかくなった気がします。

 よく考えたら、「浸透」「保水」「うるおい持続」というハンドクリームの成分って、どれも かかとのガサガサにも効きますよね。

 なによりも手軽で続けられるのが一番。
 お風呂上がりの習慣にしようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『小さな魔法のほうき』(『The little broomstick』)

2016年12月26日 | BOOKS
『小さな魔法のほうき』
著者: M・スチュワート
訳: 掛川恭子
イラスト: 赤星亮衛
出版社: 復刊ドットコム


 2017年夏に公開予定の米林宏昌監督の新作アニメ映画『メアリと魔女の花』の原作、メアリー・スチュアート(Mary Stewart)の『The little broomstick』です。
 「little broomstick」を直訳してしまうと「小さなほうき」なんですが、「The」が効いてますね。まさに「その」ほうきは「魔法のほうき」なんですもの。

 この原作は1971年にイギリスで出版された魔法ファンタジーの名作です。
 ハリー・ポッターを読んだときに、この作品を思い出した方もいっぱいいると思います。
 魔法のほうきの記述なんて、本当にハリー・ポッターみたいです。
 そのほか、魔法の学校の教室の薄暗さだとか、魔法を使った対決も……。
 はじまりはちょっと『秘密の花園』みたい。あちらも主人公はメアリでしたね。
 知らなかった方は「こんな作品あったのね!」と驚くのじゃないでしょうか。

 テンポが良くて、コミカルで、最後までドキドキさせてくれる1冊です。
 わたしはラストの「シラカバ林」のところでいつも、黒猫ティブのようにニヤッと笑ってしまいます。

 日本語版は、もともと1975年にあかね書房さんから出版されたのですが、一度絶版になったものを「復刊ドット・コム」が2006年に復刊しています。
        右があかね書房版(1975)・左が復刊ドット・コム(ブッキング)版(2006)
 写真でも分かると思いますが、表紙はほとんど同じです。
 中身も、イラストやページ数などほぼ同じですが、字体や改行箇所がちょっと違いますし、復刊された本には誤植がありましたから、タイプし直しているんですね、きっと。
 値段は、980円が2400円+税に!(30年という時代の流れですね!)
 映画化されて、また新しく出版されるでしょうか?
 私は赤星亮衛氏のイラストをとっても気に入っているのですが、アニメの表紙になったら、子どもたちがもっと読んでくれるかな?

 あかね書房版には「小学中級以上」って書いてあります。
 難しい漢字には ふりがなもあるので、街の図書館や小学校の図書室でも探してみて下さい。

<関連サイト>
『メアリと魔女の花』公式サイト

<追記>
 この本に出てくる花「夜間飛行」、英語では「Fly-by-Night」のようです。
 原書を手に入れて読んでみたいなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『悲しくも笑える 左利きの人々』

2016年12月21日 | BOOKS
『悲しくも笑える 左利きの人々』
著者:「レフティサーブ」代表 渡瀬けん
中経の文庫 中経出版


 左利きのお子さんがいる方も、左利きの方を好きになった人も一読を。
 「こんなところで困ってるんだ」「これは得意なのね」と、右利きさんたちが驚くことがいっぱい。

 たとえば、急須。カメラのシャッターやドライバーでのねじ回し。
 右利きの私たちが普通にしていることが難しいなんて……。
 考えもしなかったです。

 私の周りでは、義兄と義弟が左利き。
 実家で集まるとき、今までもお箸の向きだけは気をつけていたんですが、座る場所とかも気にしたほうがいいんですね。

 今では左利き用のはさみも幼稚園や小学校に入るときに選んで購入できますが、もっと前だったらそういう配慮もなく、皆さん苦労していたのだろうなぁ。

 小さなバリアフリーかもしれないですが、相手の苦手なことを知って気遣いができるようになるために、役立つ1冊だと思います。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

干し柿ヨーグルトチーズケーキ

2016年12月17日 | 料理&美味しいもの
 実家の母手作りの干し柿がたくさん届いたので、干し柿入りのヨーグルトチーズケーキを作りました。
 ヨーグルトと柚子の風味でさっぱりとした和風のレアチーズケーキです。


干し柿ヨーグルトチーズケーキ

<材料>
・干し柿 70g×2個
・冷凍パイシート 1枚
・粉ゼラチン 5g
・クリームチーズ 100g~120gほど
       (キリ 18g×6~7個)
・プレーンヨーグルト 400g(一晩水切りする)
・ゆず果汁(またはレモン果汁) 大さじ2
・ゆずの皮(表面の黄色い部分のみ・みじん切り または すりおろし) 少々
・砂糖(グラニュー糖) 20〜30g


<下準備>
(前日)
・ヨーグルトで「水切りヨーグルト」を作っておく
 (ざるにキッチンタオルを敷き、冷蔵庫で一晩水を切る)
・干し柿を冷凍しておく

(当日)
・保存容器に合わせて、クッキングシートを折って敷いておく
・冷凍パイシートを、保存容器の大きさに合わせて伸ばし焼いておく
(フォークで全体に穴をあけ、予熱したオーブンで200度10分+160度10分)
 焼いたパイシートが大きかったら、保存容器に入るサイズにカットしておく
   
・干し柿を、凍ったままみじん切りする。切ったら、また冷凍庫に入れておく
      
     お好みで「ラム干し柿」にして使っても美味しい
・クリームチーズをレンジOKの容器に入れ、ふんわりラップをかけておく
・電子レンジOKの小皿に粉ゼラチンに入れ、水(大さじ2)を加えよく混ぜて、全体が固まるまで湿らせておく
・ゆず果汁(レモン果汁)は、しぼって種を取り除いておく
・ゆずの皮を刻んで(すりおろして)おく

<作り方>
(1) クリームチーズを電子レンジ(500ワット)で30秒ほど加熱し、大きなボウルでクリーム状に混ぜる

(2) 砂糖・水切りヨーグルト・ゆず果汁・ゆずの皮を順々に加えて、なめらかに混ぜる
 (ここで味見を!干し柿が甘いので、砂糖の甘さはひかえめに!ゆずの皮も入れすぎると苦みが出るので様子を見ながら加えて下さい)

(3) 湿らせておいたゼラチンにラップをかけて、500ワットの電子レンジで10~20秒。全体がドロドロになるまで完全に溶かして、すぐ(2)に加え、さっと混ぜる
 (ゼラチンがドロドロになってなかったら、様子を見ながら10秒ほど再加熱)

(4) 混ぜた(3)に、刻んでおいた干し柿を混ぜる
 (ここで混ぜすぎると、全体が茶色いケーキになるので注意)
   

(5)クッキングシートを敷いた保存容器に冷めたパイシートを敷き、(4)を流し入れ、冷蔵庫で2~3時間冷やし固める
   

※飾り用の干し柿はお好みで取り分けておいて、最後に載せてください
(私は干し柿の内側真ん中のオレンジ色の部分を使いました)
      

 小さなグラスやカップなど、1人分の容器で作ってもいいですね。
 その場合は、パイ生地無しでいいと思います。

<関連記事>
ラム干し柿 と 干し柿クリームチーズ - MOONIE'S TEA ROOM
カップレアチーズケーキ - MOONIE'S TEA ROOM
ジャムのせ カップレアチーズケーキ - MOONIE'S TEA ROOM
コメント
この記事をはてなブックマークに追加