魔法の鏡をみつけたら

なお子のブログ

観劇@下北沢

2016年10月19日 | 日記


下北沢駅前劇場で、近藤公園さんと平岩紙さんの二人芝居、「あたま山心中」の千秋楽公演を観てきました。
とても面白かったです。台詞、台詞のやりとりでどんどん人物たちの置かれている状況が変わっていくので、ボーとして聞き逃さないように集中して観ていました。
平岩紙さんの表情や声の変化、表現力が凄かった!
途中平岩さんの表情が、古田新太さんのように見える瞬間がありました。
1時間半、見ごたえのある二人芝居でした。
(作・竹内銃一郎、演出・寺十吾、音楽・坂本弘道)

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「杜子春」公演情報です! | トップ | 顔合わせ★サルトル「出口なし」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む