五叉路のグラフィティ

田舎者からの便り...。

暁の空中戦

2017-07-16 07:02:00 | 音楽

1966年全米のヒット曲に、シュガータウンは恋の町/ナンシー・シナトラ
ジョージー・ガール/ザ・シーカーズ、グッド・ヴァイブレーションズ/ビーチ・ボーイズ
英国からメロー・イエロー/ドノヴァンなど楽しいアメリカン・ポップスが数々ある中で
ちょっとかわった曲が僕の気をひいた。『暁の空中戦』って何?ってな訳で..。

暁の空中戦/ロイヤル・ガーズメン
Snoopy VS. The Red Baron / The Royal Guardsmen (1966)
オールディーズ好きまたはスヌーピーファンの人なら知っているかな?
“ピーナッツ”の4コマ漫画で人気者のスヌーピーを扱ったノベルティ・ソングです。

スヌーピーファンならおなじみのレッド・バロン(バイク販売の店じゃありません!念のため)
第一次世界大戦で活躍したドイツ空軍の英雄“赤い男爵 Red Baron”こと
Manfred von Richthofenその人だ。空想癖のあるスヌーピーが
第一次世界大戦の撃墜王フライング・エースFlying Aceに扮し
犬小屋の愛機(戦闘機ソッピース・キャメルSopwith Camel)に搭乗し
レッド・バロンと空中戦を繰り広げるというエピソードがある。

この題材をモチーフにノベルティ・ソングにしたのがこの曲で全米2位の大ヒット。
歌詞にこの空中戦を盛り込んで文字通りドッグ・ファイト!という楽しい曲です。(笑)

このアルバムはこのタイトル曲を含む彼らのファーストで、ほとんどがカバー曲。
ちょっとマイナーだけどヒット曲が数多く歌われています。気楽に聴けていいよ~ん。

ハリウッド・アーガイルズ(全米3位)のAlley-Oop(1960年)、”Wooly Bully”で有名な
サム・ザ・シャムとファラオズの“赤ずきんちゃん(Li'l Red Riding Hood)”(同2位1966年)
ザ・マラソンズ(同20位)のPeanut Butter(1961年)、ザ・キングスメンの
Jolly Green Giant(1964年)、ジョニー・ホートンの“ニューオーリンズの戦い”(1959年)
ジーン・ピットニー(同4位)の“リバティ・バランスを射った男”(1966年)。そして、
ボ・ディドリーが2曲(Road RunnerBo Diddley)に隠れた名曲がBaby Let's Waitだ。
ヤング・ラスカルズのファーストにもさりげなく収録されている目立たない佳曲だよ!

スヌーピーの犬小屋が戦闘機にかわるようにベトナム戦争が激化する前の
アメリカン・ポップスは夢があっていいよな~。
夢見る頃をとうに過ぎた男の空中(Web)戦でした。あつ~!暑さに撃墜、以上これまで。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« I Can’t Stand The Rain | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL