moon

この月の月はどの月の月

通勤読書554 しろやぎさんからお手紙

2016年09月18日 22時38分11秒 | 読み物 2016年5月~8月

「小やぎのかんむり」市川朔久子

夏休みのお寺のショートステイ。

自宅にいたくない中学生女子、
親に半ば置いてけぼりにされたような5歳の男児。

住職らしくない住職のもと、
お寺過ごす日々。

シンプルな生活中で自分を取り戻す彼ら。
とてもよかった。
お寺の大人たちがみんな、
きちんと生きようとしている人たちで、
そして子どもに温かい。

みんな宝。
子どもはもちろん大人も。

ヒーローはいないけど勇気のでる作品でした。

後藤さんがよかった、いい味出してた。

むしろ後藤さんが一番よかった。ヤギだけど。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

 

 

 

小やぎのかんむり
市川朔久子
講談社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通勤読書 553 お手紙書いて | トップ | 通勤読書 555 沖縄は素敵、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿