moon

この月の月はどの月の月

通勤読書688 加賀氏ときめく!

2017年06月30日 22時32分55秒 | 読み物 2017年5月~8月

「眠りの森」東野圭吾

加賀恭一郎シリーズ。
今回はバレエ団で起きた殺人事件を追う。

眠れる森の美女は古典バレエの中でも好きな演目です。
特に、結婚のお祝いでたくさんのバリエショーンが観れるのは
得した気分になるもんです。
ブルーバードも、もちろん大好き。

「白鳥の湖」のオデットとオディールは
一人のダンサーが演じ分けるほうが好みだなぁ。
二人が演じたから、加賀氏は未緒に釘づけになったわけだけど。
あれは、特にプロのバレエ団なら、一人でするよなぁ、と
しょっぱなにちょっと驚いた感じになってしまった。

小説とは関係なかったです。
バレエには深い思い入れがあるので
そこはなるべく考えずに読了。

今回の加賀氏は、熱くて、ちょっと人間ぽくて、
そして、わかりやすい男子な感じがして、
結構好きでした。
未緒のはかない美しさがなんとも言えない。
悲しい結末だったけれど、
未来がありますようにと祈ります。

でも、この後、どうこうならないんだよねぇ、残念だなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

 

眠りの森 (講談社文庫)
東野圭吾
講談社
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通勤読書687 毒には毒を・・・ | トップ | 映画の日でした »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。