moon

この月の月はどの月の月

通勤読書692 もしもの分岐点、どこに戻りたい?

2017年07月13日 00時12分30秒 | 読み物 2017年5月~8月

「if: サヨナラが言えない理由」 垣谷美雨

空気の読めない女医が手に入れた不思議な聴診器は
患者の心の声が聞こえる、そのうえ・・・。

患者の心の声を聴きながら、
それぞれの戻りたい人生の分岐点に戻ってみる。

自分ならどこに戻ってみたいか、あの時だなぁ。
でも、変わらないんだよね、
そりゃそうだ、自分が選んだんだもんね。

いいお話でした。最後に聴診器を譲るところもよかった。
ダメな男はどう転んでもダメなこともよくわかった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

 

 

if: サヨナラが言えない理由
 垣谷美雨
小学館
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通勤読書691 愛はある | トップ | 通勤読書693 真実を突き止めろ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。