moon

この月の月はどの月の月

通勤読書 552 育ちがわかる

2016年09月15日 21時44分55秒 | 読み物 2016年5月~8月

「スコーレNo.4」宮下奈都

古道具屋を営む家の三姉妹の長女である主人公。

子どもから思春期を経て大人になっていく過程が
えがかえれている。

受動的な印象の麻子が
社会人としての成長を迎えるころに
だんだんと能動的になっていく。

それは、とてももどかしてく
面倒な気さえする時間だけれど、
丁寧に育てられた麻子は丁寧に大人になっていく、
そんな時間のような気がした。

後半は特に面白くて、一気読みでした。

仕事に対峙するときの印象を擬音で表すところ、
「ごりごり」「きびきび」「さりさり」「のんのん」

茅野さんのシャツの色のところ、
「白熱灯の白」

印象的だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

 

スコーレNo.4 (光文社文庫)
宮下奈都
光文社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通勤読書 551 旅にでたくな... | トップ | 初体験 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL