moon

この月の月はどの月の月

通勤読書691 愛はある

2017年07月11日 21時33分51秒 | 読み物 2017年5月~8月

「i(アイ)」西 加奈子

久しぶりの西さん。
読者の視点で姿を変える作品だなぁと思う。

繊細な話のようで、暴力的な気がして。
静かに静かに心を殴られているようだった。


アイの感覚とは違うのだけれど
私は戦争の話がキライだ。
ちょっとだけ、自分とアイをシンクロさせて読んだ。

「アイは考えすぎる」ミナの言葉がささる。
ようやく、アイがここにいると思えてよかった。

物語に放り込まれる題材が多すぎる気がしたけれど、
人はたくさんの外的要因に翻弄されるから
それでよかったのかな。

ちょっと、重かったぁ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

 

 

 

i(アイ)
西 加奈子
ポプラ社
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸で遊ぶ | トップ | 通勤読書692 もしもの分岐点... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。