moon

この月の月はどの月の月

通勤読書693 真実を突き止めろ

2017年07月13日 21時40分20秒 | 読み物 2017年5月~8月

「追憶の夜想曲」中山 七里


御子柴弁護士シリーズ2作目。

御子柴氏を理解できないでいるが、
裁判で彼が巻き返すのは気持ちがいい。

グイグイ引き込まれる、
決して気持ちのいい終わり方ではないけれど、
御子柴氏の今後を読みたいと思う。

彼の正義・贖罪、
何よりも彼の人としての喜び、
生きて行く力の根源は何なのだろう。

興味深い。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

 

追憶の夜想曲 (講談社文庫)
中山 七里
講談社
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通勤読書692 もしもの分岐点... | トップ | ひっさしぶりの試写会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。