moon

この月の月はどの月の月

通勤読書784 少年は11年の人生を捨てました

2018年01月21日 21時58分17秒 | 読み物 2018年1月~4月

「幻夏」 太田愛

グイグイ読めた、面白かった。

鑓水、修二、相馬の3人
「//=|」のナゾを解く。

しかし、重いテーマだった。
少年の屈託なさを捨ててしまった少年が
可愛そうで悲しくて
事実を知った少年が
やっぱり可愛そうで。

警察官の元少年の思いも悲しい。

でも、あの夏の数日間は
少年が少年でいられた一瞬だったのだ。

一つの冤罪がいくつもの罪を呼ぶ。

司法は正義、
正義は真実のもとに成り立つ、
と思いたい自分がいる。

誰か、どうか
その通りだと言ってほしい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

幻夏 (角川文庫)

太田愛

 

KADOKAWA / 角川書店
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通勤読書783 言霊ちょうだい

2018年01月20日 21時09分32秒 | 読み物 2018年1月~4月

「パーマネント神喜劇」万城目 学

神様の世界はだぁれも知らないから

もしかしたら本当にこんな感じなのかもしれない。

お話の中の神様は、
人間ぽくて、なんだか親しみやすい。

完璧だと「ネ申」過ぎて恐れ多いからかしら。

かのこちゃんお父さん
の登場が嬉しかった。

神様も一生懸命、
人間を幸せにしようとしてくれてるんだぁと思うと
期待に応えなくてはと思うなぁ。

がんばろう、私。面白かった。 

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

パーマネント神喜劇
万城目 学
新潮社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謝り方の極意

2018年01月20日 21時08分42秒 | 日々徒然

娘が録画していて、

未視聴の映画を消してしまったので、

謝る。

苺(好物)を差し出し、謝ってみる。

「わちゃー!!!」と残念そうだったけれど許してくれた。

反省反省。。。

そして、「【アンナチュラル】録画してる?」と聞かれる。

あ、あ、ああ、、、

見てすぐ消してしまいましたぁぁぁぁ

「録画したらおいといてねって言ったよねぇ」って。

覚えていないっす。

ごめんね。多分、母、酔っ払ってたかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あぁ、どうか許して

2018年01月20日 00時18分18秒 | 日々徒然

今、録画したドラマを見終わって、

サクッと削除。

やってしまいました、

娘が録画していた映画を消してしまいました。

まだ未視聴ですね、newというマークがついていました。

映画はヒッチコックの「鳥」でした。

もう、ほんとに申し訳ない。

語り聞かせますか。。。

いえ、すいません、ふざけているわけではないのです。

そしてこの事実をいつ謝ろうか。。。

タイミングがぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通勤読書782 大好き

2018年01月19日 21時12分25秒 | 読み物 2018年1月~4月

「星につたえて」安東 みきえ

「呼んでみただけ」の中の
一遍が絵本になりました。

くらげが仲良しの星に伝えたかった言葉は
長い長い年月を越えて
星だけでなく、
私たちにもその言葉は確かに伝えられました。

素敵な言葉、幸せになるね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

星につたえて
安東 みきえ
アリス館
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通勤読書781 お話してよ

2018年01月19日 21時05分12秒 | 読み物 2018年1月~4月

「呼んでみただけ」安東みきえ

ママが息子に
お話を作って語り聞かせる
ベッドサイドストーリー。
時々パパも登場。

楽しかったり、ヘンテコだったり、
でも、どれもとても優しいお話。

息子の遊太君が「湯冷め」を「ユザメ」というサメと思ったり
ママの寝言「レジ袋あります、ポイントカード持ってます」
なんていうのも、かなり親近感を覚える。

こんな風に子どもと
意味があるような、ないようなことを話している
柔らか空気に包まれている感じって素敵。

でも、私はもっとガミガミしてたなぁ。
こんなに可愛い時期なんて
あっという間に終わってしまうって
わかっていたのにねぇ。

今回はお気に入りを選べないくらいどれもいいお話でした

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

呼んでみただけ
安東みきえ
新潮社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

23年前の今日

2018年01月17日 22時14分03秒 | 阪神大震災

23年もたつのだなぁ。

今日は冷たい雨の降る日だった。

神戸で今日を過ごした私は

友たちと特に震災の話をしたわけではない。

阪神間に暮らす私達は震災のことを忘れたわけではない。

もちろんだ、忘れるはずなどない。

でも、この日を普通の日のように過ごすのは、私が

阪神大震災によって人生のいろんなことが大きく変化したけれど、

阪神大震災で近しい人を亡くさなかったからに他ならない。

午前10時に神戸と明石で鳴ったアラートは

思い出せ!思い出せ!と言っているようだった。

あの日に亡くなった多くの命と

残された多くの命と

生まれた多くの命に

支えられている。

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通勤読書780 出てくる人はみな美形

2018年01月17日 21時53分42秒 | 読み物 2018年1月~4月

「わが家は祇園の拝み屋さん」望月 麻衣

寺町三条のホームズ』シリーズとは
ちょっと違った楽しさがあった。
追いかける楽しみが増えました。

美形の男子、綺麗な女子、このワールドに
醜いという言葉はありません。
あぁ、少女漫画の世界がここにあり。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

[まとめ買い] わが家は祇園の拝み屋さん
望月 麻衣
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通勤読書779 タカでもワシでもないスワン

2018年01月15日 23時42分08秒 | 読み物 2018年1月~4月

「Good old boys」本多 孝好

弱小の少年サッカーチームの保護者、父親達の話。

息子は剣道をやっていた。
物語と同じ弱小だった。
剣道は個人競技だけれど、チームの雰囲気みたいなものは
それぞれにある。
スワンズみたいだった。息子たちは。

サッカーは剣道に比べてメジャーだ。
競技人口は多い、だけど、きっと、
それだけにメンバーを集めるのは大変だろう。
高学年になると、
受験だ、塾だと、クラブをやめる子どもも多いと聞く。

「勝てるサッカーを教えていません」という監督の言葉が
息子が通った剣道会の師範の言葉と重なった。

スワンズの4年生の父子のそれぞれのストーリー。
外から見ると、なんてことない父子だけど、
ドラマのない家族などいないのだなぁと今さらながら思い、
だからこその家族なのだなぁと思う。

いろんなチームがあっていいと思う。
その子にあったチームが必ずあるはず。
ガンバレ、父ちゃん!
あ、パパっていうのね。

子どもたちの名前の中に
息子と同じ名前があってなんか嬉しかった。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

 

Good old boys
本多 孝好
集英社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

利休と詐欺と鴎と伊万里ちゃん

2018年01月14日 21時46分10秒 | 映画とかテレビとか

「嘘八百」

仕事帰りに観に行く。

上手いねぇ、みんな上手い。
もう、全員詐欺師にしか見えない、
しかもインチキ。あ、インチキだから詐欺か。

こういう、観る人の年齢層が高い映画を観ると思うけれど
観客の笑い声がでかい。
しかも、笑う時間が長い。

面白いなぁと思いつつ、気配も一緒に観賞。

中井貴一も佐々木蔵之介も、力抜いて楽しんでる感じで面白かった。
力抜いてないと思うけど、そう見えるのはさすが。

塚地の学芸員がもう、、ツボ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

嘘八百
 
パルコ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加