moon

この月の月はどの月の月

通勤読書717 殺し屋家業

2017年09月17日 21時48分50秒 | 読み物 2017年㋈~12月

「AX」伊坂幸太郎

殺し屋の話なのに
なぜかちょっと笑えたりして、
伊坂さんらしい、
力が入っていない感じの文体で
なかなかのハードボイルドの展開。

でも、きちんと回収の気持ち良さはあって、
やっぱり面白かった。

未読の『グラスホッパー』読まなくちゃ。

兜、あんたはいいお父さんだったし、
いい夫だったよ。
最後まで、10年後も。

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

AX アックス (角川書店単行本)
伊坂幸太郎
KADOKAWA / 角川書店
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通勤読書716 美味しいワインと人生のつくり方

2017年09月15日 23時07分33秒 | 読み物 2017年㋈~12月

「月のぶどう」寺地 はるな

初読みの作家さん。

母亡き後、ワイナリーを引き継ぐ双子の姉弟。
いっけん、よくできて、ハキハキとしていて すぐに会得するタイプと
ぐずぐずしていて要領が悪くてなかなか会得できないタイプ。
二つのタイプを絵に描いたような双子。

意外と、前者は頭打ちしてしまうのが早くて、
後者のタイプは伸びたときの伸び方が大きかったりする。

どっちがいいということでなくて、
どっちにもいいところがあるってこと。

二人で美味しいワインを作ってほしいなぁ。

希望のある優しい読後感でした。感謝。

blogram投票ボタン

月のぶどう
寺地 はるな
ポプラ社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通勤読書715 ぶんぶー

2017年09月14日 21時24分30秒 | 読み物 2017年㋈~12月

「君が夏を走らせる」瀬尾 まいこ

「あと少し、もう少し」のスピンオフ
だそうですが、知らずに読了。

1歳10か月の子とうまくいきすぎとか
公園ママたちがいい人すぎる、とか
やや出来過ぎた感はありますが、
とても楽しかった。

廻りの大人が
いい人達で良かった。

10代で出会う友達と同じくらい、その頃に出会う大人って
大事だなぁと思う。

16歳の大田君の成長が楽しみ。

今度は本編読んでみよう。

  blogram投票ボタン

 

君が夏を走らせる
瀬尾 まいこ
新潮社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試写会行ってきた

2017年09月14日 20時55分30秒 | 映画とかテレビとか

「あさひなぐ」

薙刀かぁ、なるほど。

袴はやっぱりカッコイイ!

乃木坂46が好きな人は見たらいいと思います。

 

blogram投票ボタン

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恋多き国

2017年09月13日 22時54分36秒 | 映画とかテレビとか

「おとなの恋の測り方」

 

この映画はっていろいろ言いたくなるけれど、

フランスのラブコメとして
気軽に楽しめた。

携帯拾った人から電話かかってくるのはちょっと怖いけど。
勝手に電話番号登録されるのも怖いけど。

ま、そこは映画だから。

フランス映画を観ると思うけれど、
ホントに貞操観念が日本と全然違うわぁ

出てくる大人のほとんどが離婚経験者だった。

結婚という制度に縛られなくても
生きやすいんだろうな、という感じがするかな、
上手く言えないけど。

ヒロインのママが夫に言われる台詞。
「障害は君の心の中にある」
これが一番パンチがあったかな。

ジャン・デュジャルダンって「アーティスト」の人だったのね。

blogram投票ボタン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お家に帰るまでが旅行です

2017年09月13日 21時22分51秒 | どこかへ

帰りは神戸空港着。
結構、夜も遅いですが、ポートライナーに乗って移動。
三ノ宮でご飯食べて帰着ぅ。

絶対自分では行かない、ただただ、若者が飲むお店へ。
息子リクエスト。
電気ブランがあったので飲んでみる。

こうして3日間の北海道の函館・札幌旅行は終わった。
観光地は恩師のブログを参考にさせていただいた。

楽しかったし、美味しかった。
おかげ様でリバウンドに拍車がかかっている。
現在、ダイエット再開である。

そして、ようやく今日あたりで現実に戻った感じがある。

私が疲れと余韻に浸っている間に
娘は東京へ
息子は鳥取合宿と台湾旅行である。
ちなみに彼は札幌から帰って来た時も
ごはん食べた後
地元の友達との飲み会でに出かけて行った。

若いって切り替え早いねぇ。

長い長い記録であったが、
実はたったの3日間である。
年取るといちいち話長いよねぇというのが

身に染みております。

 

 blogram投票ボタン

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の終わりに子育ての終わりに北海道 札幌4

2017年09月12日 21時13分47秒 | どこかへ

遅々として進まぬ旅行記録であるが
もう少しである。

いよいよ、大志を抱く時がきた。

羊ケ丘展望台へGO!
ナビがあるから行けるよねぇって感じだった。

さすがは羊ケ丘。羊がいるよぉ。
クラーク博士も!いたいた!
大志を抱いたあとは
しばし、牧歌的な気分になってゆるゆる過ごす。
雪まつりの写真なんか見てると「行ってみたいねぇ」と
思わず言っちゃう。
しかし、この時期の飛行機は高い!べらぼうだ。
たったの一日で倍だよ、倍。
テレビで楽しむだけだねぇ。

結構寒かった。
写真を撮るお姉さんの手も
チケットを売ってるお姉さんの手も
めっちゃ冷たかった。頑張ってくださいねぇ。

楽しく写真を撮ったあとは、
一路、空港へ、いや先にレンタカー返そうねぇ。

ちょっとロングドライブであるが、
息子がそのまま運転することに。
怖いけどだいぶ慣れてきたようだ。
娘は寝ちゃったりしている。度胸あるね。

車を返す、空港へ行く。
空港では結構時間あるので
お土産買ったり、軽食などたべながら、ゆっくり過ごすことに。
と、思ったけれど、
チェックインに意外と時間かかったりして
結構かつかつだった。

なんでだろうねぇ。機材は小さいから乗客も少ないのにね。
人件費削減して、最低限以下のブースしか開けておらず、
そりゃ時間かかるわね。

ということで、なんだかんだ言いつつ
空港で最後のサッポロビールをいただき、
ウニを食べ、機上の人になったのであった。

 blogram投票ボタン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通勤読書714 音も美も

2017年09月11日 21時52分12秒 | 読み物 2017年㋈~12月

「最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常」二宮 敦人

本の帯って難しい。
無闇にハードルが上がる。
抱腹絶倒かと言われるとそうでもなくて
おもしろいねというそれ以上でも以下でもなかった。

美と音の音のほうにはまったくご縁がないので、
非常に興味深かった。

美も音も理系の人にちょっと似てるかなぁと思ったところで、
何かを探求しようと思えば、方向も方法も違うけれど
経過の中で似た感じっていうのがあるのかなぁという考えに至った。

とある美大の先生が
日本の教育における芸術の位置の低さに問題がある、
と仰ってた。

アートを見なくても音楽を聴かなくても
生きて行ける人はいるけれど、
それらを探求する人が、
報われたり、喜びを感じられる社会って豊かだなぁと思う。

そういう社会であってほしい。

それって、心の豊かさだと思うんだよねぇ。

たまたま、東京に行ってる娘が
藝祭に行くと言ってたので
藝祭グッズを買ってきてとお願いしたら
初日なのに売り切れてた。
人気あるのねぇ、残念。

blogram投票ボタン

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常
二宮 敦人
新潮社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の終わりに子育ての終わりに北海道 札幌4

2017年09月11日 21時25分36秒 | どこかへ

再び、息子の怖い運転の怯えながらランチだ。

ランチはスープカレーと決めていた。
これまた息子の検索によりなんだかいい感じの店を見つける。
息子の力ではないグーグルのおかげ。

ここで発覚。
娘と私の間では、旅行前から絶対食べたい一品としてあったのだけれど、
息子は食べる際になって「あ、こんな感じなん?」という始末。
彼のラーメン食べたいを抑え込んでのスープカレー押切であった。
いろんなところでガツガツ食べ過ぎて、
ラーメンも食べる、という余裕はまったくなかった。
胃に。

しかし、行ったら休み。
おいおい。。。
臨時休業。マジかぁ
なんか、地元っぽくていい感じだったからすごく残念。

そこで、いっそ次の観光地大倉山のジャンプ台に行って
そこにあるレストランで食べようと決める。

さぁ、いくぞ、ジャンプ台。
気持ちはスープカレー。

ジャンプ台を見て、うわぁと言い。
しかし、リフトには乗らず。。。乗れよ。
気分はもうスープカレー。

早々にレストランへ。

案内されて、お水とおしぼりを持って来てくれた。
さぁ、頼むぞぉと思ったら
「スープカレーのみ売り切れでございます」
はい、終了。
「すいません、スープカレー食べに来たんで」
と、いそいそと席を立つ。ごめんなさいね。

どうする、どうする!!!!
と、また、息子がググル。
ありがとうグーグル。

で、現れたお店へGO!!!

マタレー 円山店ですねぇ
私は野菜スープカレーにいたしました。

で、いただきましたぁ。
もう、超美味しかった。
ほんと美味しかった。
関西でも探してみようかなぁ、お店。

満腹になったところで、次。大志を抱きに行こう。

blogram投票ボタン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スマスイへGO!

2017年09月10日 21時16分20秒 | どこかへ

最初お休みじゃなかったんだけどね、
変更してもらって休みを勝ち取る!!

そして、王子(3歳)に会いにスマスイへ。
王子の母とは水族園で働いた仲間であるが
彼女はまだそのころ10代であった。

しかし、暑かった、暑かった。

3歳の王子は元気だった。
3歳の子どもというのは、走るね。
うん、走る。とりあえず、弾む、そして走る。
いやぁ、すごい。

スイッチがオンかオフしかない感じが
忘れていた小さい子を育てていた期を思い起こさせる。

二度とできないねぇとも思う。

新鮮な感性とツルツルのほっぺを眺めながら
彼はきっとこの日のことなど忘れてしまうのだろうけれど
忘れてしまうほどに
楽しい普通に楽しい一日であったならいいなぁと思う。

ありがとう、癒されたぜ。

そして自宅で一人飲み。
楽ちんじゃぁ。
あしたから、また、頑張るっす。

母は無理せず、
しんどくなったらいつだって付き合うよん♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

blogram投票ボタン

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加