月の照る夜に

★コメントは承認制です。承認後に表示されます。
☆転載・無断リンク、twitterへの転記はお止めください。 

「尺には尺を」「魔都夜曲」DVD

2017-12-08 12:01:33 | nao舞台

DVD発売関係。

  彩の国シェイクスピア・シリーズ NINAGAWA×SHAKESPEARE DVD BOX XIII(「ヴェローナの二紳士」/「尺には尺を」)
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン

12月6日発売。
私は予約してあったけど(アマゾンより安かったところで)、発送が今週末になるという連絡が・・(^^;)
特典映像も少しみたいだし、急がないからいいけれど~

そして、数日前に出た、「魔都夜曲」の一般発売情報。

cube 20th presents 音楽劇『魔都夜曲』 [DVD]
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン

1月17日発売というのに、「え!?」って思ったけれど、劇場で予約した人には、12月末までのお届けを予定しているとのこと。
こちらは、特典を早く見たいから、予約しておいてよかった(笑)
まあ、一般で買った方が、お安く、送料も無料のとこも多いと思うけど(^^;)
できれば、28日頃にこないかな~(末だから無理かな^^;)
年末はいないし~

[特殊内容/特典]
【特典映像(77分)】
・李香蘭役 高嶋菜七ダイジェスト映像
(本編映像は浜崎香帆が李香蘭役で出演しています。)
・アフタートークダイジェスト
・大阪公演大千穐楽カーテンコール

【特典】
・副音声コメンタリー2種類
 藤木直人×マイコ×小西遼生×板倉チヒロ×河原雅彦
 橋本さとし×壮一帆×松下洸平×山西惇
・本編外国語台詞に日本語字幕on/off付き
・4ページブックレット封入

予約した時に出ていた特典内容は、李香蘭とアフトク、コメンタリー2種(キャスト名のみ。組み合わせは出ていなかったけど)。
大阪大千穐楽のカテコと日本語字幕、ブックレット、どれもいいですね。
まあ、一番楽しみはコメンタリーだけど(笑)
あ、直人さんの写真も1枚ついてくるんだった(笑)これは劇場予約もFBI予約も同じものでしょうね。

藤木直人主演舞台がDVDに、絢爛豪華なステージがよみがえる <ドワンゴジェイピーnews >(こちら
主人公・白河清隆役の藤木直人は、時代劇「冬の絵空」で舞台デビュー後、蜷川幸雄演出「海辺のカフカ」日本公演・海外公演に出演、そして蜷川の遺作となった「尺には尺を」に主演。映像から舞台まで活躍の幅を広げ、今まさに充実期を迎えている俳優だ。繊細な演技力と凛とした佇まいで、激動の時代に生きる”プリンス”を演じている。

昨日NHKでやっていた「所さん!大変ですよ」という番組。
吉田鋼太郎さんに密着で、「アテネのタイモン」に稽古風景などやっていました。
アテネ関係で、鋼太郎さんよくTVなど出ているけれど、この番組はおもしろかった。
松岡先生の講演会の話なども聞いていて、蜷川さんの厳しさとは違った感じなのかなと思っていたけど、厳しい(^^;)
藤原くん、カッキー、松田くん、手打さん、新川さん、塚田さん、大石さん、堀くんなどなどおなじみの顔が見えると、懐かしい感覚が・・(笑)
稽古場の鋼太郎さんの隣には蜷川さんの写真、反対側には尊晶さん。
今までも蜷川さん関連の番組でよく言われていたけれど、藤原くんに対して、昔言っていたことと、晩年に言っていたことの違い。
晩年の蜷川さんは、「言葉」にこだわっていて、「自分の言葉にしてくれ」、台詞は、たたしゃべるな、伝えろ!役者が自分の血と肉を通して発する生身の演技こそ心を打つという仰っていたそうで・・。
鋼太郎さん曰く「うたいあげることはできるけれども、自分の言葉にするということがなかなかみんなできない」
稽古場の様子を見ていたら、やっぱり「尺~」で指導受けられなかったのは残念だったな~と思いましたが、カフカで長い時間ご一緒できたのは、本当によかったと思いました。
カッキーは、初シェイクスピアなんですよね。ポスターの写真、カッコよかった!
私は、河内さんと横田さんの出演も楽しみです(笑)
鋼太郎さんによると、原作読んでから見ると、あの本がこんな面白い舞台になるんだ~と思えるそうです(笑)
まあ、それくらい、残された作品は、マイナーで難しいものなんでしょうね~

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« VOICE更新(昨日)&TV誌 | トップ | イズム~堺雅人さん1 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

nao舞台」カテゴリの最新記事