星月夜に逢えたら

[hoshizukiyo ni aetara] 古都散策や仏像、文楽、DEAN FUJIOKAさんのことなどを・・・。 

Showdown ~ライブへのカウントダウン(10)

2016-12-28 | DEAN FUJIOKA
DEAN FUJIOKAさんからいつも刺激とやすらぎをもらっています。
ここはファン歴浅い私の情報整理ページです。


曲の冒頭に声援と拍手みたいな音がごく短いけれど入っている。
そこへドラムの音がかぶってきて一気に駆け出す感じ。
メロウさをいっさい取り除いた、とても勢いのある曲。
歌詞はほとんど日本語で、何やら背中を押してくれている。

ラジオでの曲解説もひじょ〜〜〜にユニークだった。
まず何よりもこれはララバイなんである!!


~~FM COCOLOの「SUNDAY MARK'E 765」5月22日放送分より~~
showdownは決着をつけるみたいな感じ。 
カウボーイたちが早撃ちして。オーケイ牧場の決闘ですよ。
自分の迷いみたいなものとどう決別するかみたいな歌ですね。 

世の中的には寝ていたり、早起きしたりするような朝の5時に
僕だって眠れなくてずっと考え事をすることもあったりするんだよ。
自分は聖人でも完全な人間でもないから、気まぐれに見えるかも
しれないけれど、できればあなたの役に立ちたいという思いが
根底にはあるんだよ。

全部が全部100点なんて取れないから。それでも決断してやって
いかないといけない。だからこそララバイ、子守唄でも歌って。
自分が覚悟が決まらないような状況と決別して歌うララバイです。

ララバイって言いながら、だいぶ曲は激しいですよ。
朝5時6時になったら寝たいじゃないですかもう。でも、気持ちは
高ぶってるんですよ。オレは今この瞬間変わるってことですよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


眠れない夜から朝への時間をディーンさんも経験してたんだね。
特に男の子だからね。でも、男女にかかわらず誰でもあると思う。
むずかしいのは、今がその時、その瞬間だと気がつきにくいこと
じゃないかなあ。


気まぐれだね
でも願う 君の役に立てるように
今まさに最後の迷いにトドメ刺す時
歌うララバイ



6年位前に書かれたと思われるDEANさんのブログのSHOWDOWNの
ページには、なんと英語と中国語と日本語でこの曲の説明が載っており、
力が入っているように見える。きっと自信作だったんだ。
日本語の書き出しはこうなっている。

「この曲は人生情熱応援歌です」
イイネ!

今回このカウントダウンを書いてみて、ポジティブな思考回路が多い
と感じる『Cycle』の曲中でも、最もプラスのエネルギーを注入して
くれる歌だと思う。


歌うララバイ「Showdown」まで、あと2日。
(『Cycle』全10曲完了。ほな、大阪で待ってるでー!!)


<「Showdown」メモクリップ>
「Showdown」歌詞
FMCOCOLO「SUNDAY MARK'E 765」2016/5/22

貴重な映像・音源をアップしてくださった皆様にいつも感謝しています。
リンク先に支障がある場合はお知らせくださいませ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Midnight Messenger ~ライブ... | トップ | ライブへのカウントダウン(11) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

DEAN FUJIOKA」カテゴリの最新記事