星月夜に逢えたら

[hoshizukiyo ni aetara] 古都散策や観劇メモ、自分の好きなことなどを・・・。 

私たちの好きなひと。

2017-03-21 | DEAN FUJIOKA
「精霊の守り人」のイーハンについてディーンさんが語っていた。

既存の制度や慣習にとらわれずに人の内面を見て接するような優しい、
ピュアなハートを持っている人なんです。


これはそのままDEAN FUJIOKAというひとにも当てはまる。

このひとは今まで幾つぐらいの壁を乗り越えてきたんだろう。
いや、むしろ壁を作らない。限界を決めない。固定観念に縛られない。
それは、きっと物事の本質をとらえることができるから。
守るべき大事なことに迷いがないから。
選択したことに覚悟と責任を持っているから。
人をちゃんと愛することができるから、なんだろうな。

世の中には持ち上げてから突き落とすのを生業としている人がいる。
他人のサバイバルのために、こちらが振り回される必要はない。

ファンなら知っている。私たちの好きなひとは見た目が素敵なのはもちろん、
それ以上にハートがすこぶるカッコイイ人だ。
3月20日にFamBamに届いたおディーンからのメッセージに胸が熱くなる。
家族への大きな愛と、ファンへの信頼と気遣い。
多忙なさなかに、すばやく自分の言葉で伝えてくれて、ますます
ファン度が増すばかり。

3月19日のラジオでの楽しいトークの一部をここにメモしておこう。
いやー、やっぱり家族はもう本当に一人でも多いほうが楽しいですね。
なんかこう、社会ができるような感じ(笑)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GMT+7ジャカルタからGMT+9東... | トップ | ウルミー来た!!映画「結婚... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。