星月夜に逢えたら

[hoshizukiyo ni aetara] 古都散策や仏像、文楽、DEAN FUJIOKAさんのことなどを・・・。 

「SUNDAY MARK'E 765」2017/2/19

2017-02-22 | DEAN FUJIOKA(ラジオ)
先に新着情報から。
「GMT+7〜+9の時間軸を旅するライフスタイル」V0L.03 がアップされました。
NHK PRページに Interview イーハン役 ディーン・フジオカさん がアップされました。


FM COCOLO 2/19の録音成功!
この日は饒舌。ディーントークたっぷりでした。

ディーン・フジオカのCh-Ch-Ch-Check it Out!!!

話のテーマは、エランドール賞、鹿児島の感想、桜島とインドネシア
のゲートキーパー、五代さんとジャーディン・マセソン。インフル
エンサーについて。


ディーンワード:1周した!
マーキーワード:そのまま行きなはれ


****************************************************
〜エランドール賞新人賞〜
(リスナーのおめでとうメッセージに答えて)ありがとうございます!
(ディーン・フジオカを選んどーる、というマーキーさんに)
選んでいただいてありがとうございます!あはは・・・

〜鹿児島トーク終了後・昼ごはんを食べながら〜
(たくさんのメッセージに答えて)
鹿児島楽しかったですねぇ。いた時間はすごい楽しかったんですけど、
鹿児島にいたのは20時間もなかったんじゃないかなあ。イベント終わって、
空港に行く前にレストランで桜島を見ながらお昼ご飯を食べて。
島津家の別邸で、いま世界遺産になっているのか、もうすぐなるのか
忘れちゃいましたけど、すごく素敵なお庭とレストランがあって、桜島の形
がはっきり見えて。鹿児島の剣術、示現流のデモンストレーションを遠目で
見せていただいたり。

マーシャルアーツや剣術には精神論がそのまま形に見える。型の根拠がある。
腕を前に押し出す力で上から下に叩き切るみたいな、一球入魂みたいな。
鹿児島の人の気質ってこういう感じなんだな、と。
その土地の風土とか、天気とか。桜島を見て・・・。
山ってHolyな雰囲気ありません? 海にあのサイズの山をドーンとこう。
鹿児島の方々は生まれた時からずっとあれを見て育ったわけじゃないですか。
すごい長い時間の流れを感じながら(お昼ご飯を食べていた)。
こういう景色で育った男たちがあの時代にこういうことをやったんだと。

〜桜島とインドネシアの山・薩摩のサムライ〜
今回、NHKのプロデューサーの佐野さん、歴史の原口先生との3人のトーク
だった。佐野さんはエランドール賞から一緒。
佐野さんがいたから五代さんの役をやらせてもらえたわけですし、佐野さん
が五代友厚という人物にフォーカスを、光を当てたから、より多くの人に
五代さんの生き様が伝わっていったんだなと思いました。

インドネシアの山の話をしますね。
佐野さんといっしょに五代さんの銅像に挨拶しに行く道すがら、桜島の
説明を受けた。
日本でも山は聖なる山という感じがありますけど、インドネシアにも
似たような概念があって。活火山というものは生きている。その聖なる山
を守るゲートキーパーという聖なる職業があって。日本でいえば神社の
神官のようなもの。聖なる山を守るゲートキーパー。
ある時、山が噴火したんです。ふつうは逃げますよね。溶岩が落ちてくる
から。周りの人はみんな逃したんだけど、そのゲートキーパーは山を守る
という聖なる仕事をしているので自分一人だけ逃げなかった。
そのゲートキーパー、神官がマグマに飲まれていくというニュースが
リアルタイムに入ってくるんです。それが自分の務めだからという精神構造
というか、その信念、信仰というか。

薩摩のおサムライさんたちの佇まい、生き方に似ているんじゃないかと
思ってすごく考えさせられた。20時間のあいだに。


〜グラバーとジャーディン・マセソン、香港〜
面白かったのは、長崎で五代さんと親交のあったグラバーさん。
グラバーさんはジャーディン・マセソンのたぶん日本支部担当みたいな
人だと思う。
ジャーディン・マセソンは香港にめちゃでかいビルがある。東インド会社
で極東に貿易のラインをどんどん作っていった。
五代さんはグラバーさんと交流があって、いろいろ学んで情報を得て、
ああいう生き方になったと思う。という一つの流れがありますよね。

香港はジャーディン・マセソンの影響の強いところで、コーズウェイベイ
(銅鑼湾)はジャーディン・マセソンが所有していたエリアだった。今
だにビル、ホテル、道の名前にジャーディン・マセソンがらみの名が
たくさん残っている。昼になったら大砲を撃ったり、今も毎日やってる。
僕が香港で住んでいた町の地名にもジャーディンがついていたことに
最近気づいた。
「あ、一周した!」って。何年越しに気づくんだ、って。
そっかそっか、五代さんもジャーディン・マセソンの人からいろいろ教えて
もらって。そこで坂本龍馬、勝海舟、岩崎弥太郎とかに繋がっていったわけ
ですよね。世界って繋がってんなあ、と。

(五代さんとディーンの足跡は繋がってるよね、とマーキーさん。)
この話を佐野さんにしたい。鹿児島の時には気づかなかった。


〜インフルエンサーのお仕事〜
(メッセージに答えて)
毎回毎回スタジオに出席する形ではない。スケジュールのやりくりが
難しいので。不定期でできる限り番組進行の役に立てるように。
例えば、仕事で他の国にいる時とか、そういうところでテーマを決めて
切り取ったものを自分で撮ってきて番組内で流したり。
日本にいて映画の撮影とかがなければ、皆さんと一緒にニュースの
コメントさせてもらったり。あと自分が撮ってきた映像を紹介したりとか、
お届けできればいいなと思ってる。

インフルエンスしていく。影響していく。
インフルエンサーって英語圏では少しずつ使われるようになってきて
いる言葉だと思う。
自分の音楽や俳優の仕事をやりながらとか、インドネシアに家族が住ん
でいてみんなとシェアできたらいいと思っているトピックとか。
ディスカッションする機会や、問いかけることができればいいな。
アンテナを立てて、より強く意識をもっていたいなと思ってます。
自分は報道や専門的な知識もないし、その世界のプロの方がいるわけ
じゃないですか。
今までエンターテイメントやアートの方でお仕事をさせてもらって、
身近なところでカジュアルに気づいたこと、疑問に思ったことからでも
もし興味を持ってもらえればウレシイなと思って。
初挑戦なんで、本当に。どうなるんだろうって。

(マーキーさんより。「そのまま行こう。そのまま行きなはれ!」
そのままディーンが報道のところに入りこんだときに、いろんな新しい
ものが出るような気がするな。そやからすごい楽しみやわ。応援も
いっぱい来てるんで、自然体で、いつものディーンで。)

(・・・マーキーさん、何よりのあったかいお言葉・・・
私もそう思います。いつもラジオで喋っているようにズバッとね。)

曲:Banana Muffin

いつものエンディング、が?

マ:グッバイゆうてもねぇ
デ:また逢える(Banana Muffin っぽく小声早口で)
二人:また来週〜
***********************************************



●鹿児島のレストラン
※施設名に触れていないけれど、島津家の別邸で食事できる場所が2つ
あるようです。どっちかな?

●示現流
五代友厚は薩摩示現流の遣い手。大阪取引所の近く、証券会社の入り口
の五代さんの銅像はいつでも抜刀できるポーズをしているそうです。
情報はこちら

●ゲートキーパー
インドネシアの山のゲートキーパーについて、Twitterで補足してくだ
さった方があり、以前ディーンさんが自分のブログでも書いていたこと
がわかりました。
そこで検索開始! ありました、ブログアーカイブの中にその記事が♪
Twitterのほうでもお礼とサイトを見つけたご報告をさせていただきました。


2015年1月3日。インドネシアのジョグジャカルタ宿泊中のホテルにて。
地元の観光にはブロモ山の御来光がオススメ、山頂はめちゃくちゃ寒いから
ジャケットは必須、と書いた後にその「ゲートキーパー」の話が。
以下、その箇所を画像にしました。



この後、生後3カ月の双子ちゃんのことがパパ目線で書かれています〜♪







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「SUNDAY MARK'E 765」2017/2/12 | トップ | UOMO4月号とFanBam更新とTweet。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

DEAN FUJIOKA(ラジオ)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。