星月夜に逢えたら

[hoshizukiyo ni aetara] 古都散策や観劇メモ、自分の好きなことなどを・・・。 

新橋演舞場「八月花形歌舞伎」初日の気まぐれ日記より

2012-08-04 | AINOSUKEさん
本日初日!おめでとうございます。

昨日の「徹子の部屋」よかったですねー。
てゆうか、着ているものとかビジュアル的にツッコミどころが
なかなか見つけられなくてサビシイくらいでした。
(どんなファンやねんっ!)
秀太郎さんが昔、黒柳さんの遊び仲間だったとか、意外なお話
も飛び出して。昔の映像で十三世仁左衛門さんと話している時
の黒柳さんがすんごく可愛らしいのもびっくり(ゴメンナサイ)。
でも、黒柳さんが初めて愛之助さんを知ったのは、あの外郎売
の代役の時だったようですね。愛之助さん、流れに負けず、舞
台の宣伝を最後まで遂行したのもエラかったですね!(笑)
今月の舞台は新橋演舞場。やはり東京の舞台に立ったり、東京
で話題になることが歌舞伎の役者さんにとって大事なことなん
だなあ~とあらためて思います。

では、8月4日付デイリースポーツの「気まぐれ日記」、本日も
いってみよー!



見出しは「五感を駆使するお芝居を観て暑気払いを」。

エアコンが不可欠になるずっとずっと以前は、「暑い夏を少し
でも涼しく感じられるような工夫が、生活のあちこちに、それ
こそ五感を駆使してされていたことを考えると、歌舞伎をご覧
いただく際に、そんなところも楽しんでいただきたいなぁと思
います。


というワケで猛暑対策に歌舞伎観劇を、というお話のようです♪

暑い夏に、その音色で風を感じさせる風鈴、少し透き通った
葛で涼感を視覚から演出する和菓子、そして、怪談話等で背筋
を冷やりとさせるお芝居・・・と、日本文化の中には季節感が
溢れています。実際にエアコンを使わなかったとしても、そん
な五感を駆使することで、この猛暑を少しでも楽しめればいい
ですね。お芝居がその一役を担うことができればさらに嬉しい
です。


(ウンウン、なるほど。お芝居観てゾクゾクッ。寒気がするこ
とはよくあります。そこまでさせてくれる役者さんや演出の工
夫が凄いといつも思いますよ。)

ご自宅の節電になるのであれば、是非劇場へ!(笑)
(出たーっ! その<是非>と言われるのが一番コワイ。だって
リピーターになるとおサイフがさむくなる・・・スンマセン。)

今月は新橋演舞場で花形歌舞伎に出演中。
昼の部も夜の部も通し狂言。物語の展開がスピーディーで、ど
ちらも現代劇に通じるものがある演目だそう。愛之助さんはど
ちらも初めての出演で、新しい挑戦をしているようです。
桜姫東文章」では、「女性のためにどんどん身を持ち崩して
行く僧侶を演じますが、現代に置き換えても成り立つようなお
話です。怪談話ではありませんが、現代と照らし合わせれば、
もしかしたらヒヤリとするかもしれません。是非楽しんでいた
だきたいと思います。


(堕落していく僧侶。怪談話ではないとのことですが、ヒヤリ
とするシーンもありますよね。)

ちなみに、舞台上は非常に暑く、劇場の中でも熱波が舞台か
ら客席へ放出されているかもしれませんので、水分補給を十分
にして、ご観劇ください!


ほんまや! 舞台はアツイ。アツさとヒヤリのせめぎ合い(笑)。
気をつけて観劇を楽しみましょう。
(ごめんなさい。今月も遠征できない私はもはやファンとは言
えませぬぬぬ・・・・・・。)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月の番組メモ | トップ | 夏休み文楽特別公演 第2部@... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いやいや(^^) (puspitasari)
2012-08-04 15:04:47
れっきとしたファンですよ(^^)/
毎月のデイリーゲットや
神出鬼没?のメディア情報入手。
ファンの鑑です。
どこまでもついてゆきますのでヨロシクです(笑)
私も今月は観ません(キッパリ)
となると歌舞伎の舞台は永楽館までオアズケです

今日のデイリー
すっかり忘れていたこともありますが、
ツイッターの画像で読めてしまって(^^)
(ありがとうございます)
なんだか満足してしまったいいかげんなファンであります。

「徹子の部屋」
服装も髪型もちゃんとしていて(え?不満?はい、少し)
優等生的応答でしたね(笑)
puspitasariさま♪ (ムンパリ)
2012-08-05 08:55:58
「徹子の部屋」、本当に優等生でしたね。
皆さん、手ぐすね引いて待ってたとこありますから(笑)。
次は、はなまるカフェか、あさイチか、スタジオパーク
あたりに出て頂けるよう頑張っていただきましょう。

私なんて7・8・9・10月と歌舞伎役者の愛之助さん
を観ずに過ごすことになりますからね。
でも、ご本人のためには1年の半分以上は東京の
舞台に立ったほうがいいと思います。
(観られない舞台も東京だとTV放送されますし♪)
私も早く遠征できるようにがんばりまっす!

本当は今月の役、すっごく観たいんだけど~~。
ありがとうございます~ (まもま)
2012-08-06 23:24:00
デイリーの記事アップ、いつもありがとうございます。
私、「堕ちゆく美僧」が結構好きなので(映画「クイルズ」のホアキンフェニックスとか…(^-^))、今月の愛ちゃんには、期待しております!(#^.^#)

「徹子の部屋」、ツッコミどころが無くて少々寂しかったですが、しっかり上手に話されてましたね。
日舞の教室でも、今日話題になってました。
この調子で、行け行け、愛ちゃん!( ^ ^ )/□
まもまさま♪ (ムンパリ)
2012-08-07 07:54:50
> 「堕ちゆく美僧」が結構好きなので
映画は見てませんが、そっち系が好きなのですね(笑)。
しかも、美僧、というところが大事なのですね~♪
まじめで品行方正な僧ではダメなのですね~。
鳴神上人も評判よかったですし、今回もずいぶんやりがい
のある役のようで楽しみですね。
漏れ聞こえてくるお江戸の噂を楽しみにしておりまする。

行け行け、愛ちゃん! ,too.

やはり怖そう。。 (くまたか)
2012-08-07 22:01:19
演舞場は近い関東者、毒かかって以降の清玄、過去上演写真にびくびく。愛之助さんもあんなになってしまうのか?あの写真だけで怪談じゃないかと…。いやでも行けるんですからがんばります!早急にいたぶられ萌えを習得したいです。レポはがんばれないかもしれません…

くまたかさま♪ (ムンパリ)
2012-08-09 01:19:04
この演目はやっぱり、一部怪談ですよね。
でも、あのあたりは役者さんとしても演じ甲斐のある場面
だと思うし、最初にきれいなお顔があればこそ、のお役!
日々進化するのを見届けてくださいまし。
大丈夫、そんなに怖くはないですよぉ。
あのお顔の裏に秘められた清玄の想いをたっぷり
味わってくださ~い。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。