星月夜に逢えたら

[hoshizukiyo ni aetara] 古都散策や仏像、文楽、DEAN FUJIOKAさんのことなどを・・・。 

ディーンさん凱旋ライブの新聞記事

2017-07-17 | DEAN FUJIOKA
福島民友みんゆうネットに今日7月17日付で取材記事がアップされました。
ミニ・インタビューふくむ、ディーンさんの凱旋ライブの記事が3つ。

大阪で見るので事前にセットリストを知りたくない、とここで書いたのですが、
これは子供たち出演だから福島は別格。だいいち、朝テレビでディーンさんの
あんなにうれしそうな顔を見ちゃったら、さらに詳しく知りたくなりました。

で、気づいてしまったんだけど・・・・・・
先日の東京LIVEのときの公式写真も、福島民友で使用している写真
(たぶん公式写真)も、HIRO KIMURAさん撮影ですよー。
EPのジャケット写真、MVを撮ったHIROさん、ですよね。
なんかねー、ただの取材写真で終わるとは思えない。むふ。


●福島民友ニュース
ディーン・フジオカさん『凱旋』...古里・須賀川を励ます『熱唱』 07月17日08時00分

子どもへの思い...歌に乗せ ディーン・フジオカさんとステージ共演 07月17日10時00分

<ミニ・インタビュー>
ディーン・フジオカさんに聞く 「里帰りみたい、特別な意味ある」 07月17日09時50分

 ―福島でライブをやることとは。
 「里帰りみたいだ。生まれた場所は、自分の親がそこにいて、自分も人生の前半を親の境遇を引き継いでスタートする。思った以上に特別な意味を持っていると改めて思う」

 ―子どもたちが参加したのは。
 「自分が福島生まれだということ、子どもを持った親になったということから考えていた。6月に須賀川市の子どもたちと触れ合う機会があった。これまで自分がどう生活したか、どう仕事を続けてきたかを伝えた。みんなが大きくなった時の道しるべや助け、自分自身の気付きのきっかけになればいい」

 ―実際に共演して。
 「素直だと思った。リズムに合わせて体を動かしたり、歌ったり、手をたたいたり。ピュアな気持ちを持ち続けてほしい」

 ―ライブに来られなかった県民へのメッセージを。
 「また、ライブで戻ってこられればと思う。それまでCDなどで音楽に触れてほしい。今度ライブができたら、大きな声で歌っていければうれしい」
(記事より引用)



地元の新聞はむりなので、記念として私はスポーツ紙を買いました。
ディーンさんの記事は関西だといつも小さい扱いになってしまうので、
こんな大きな記事を見るのは初めて!
めっちゃウレシイーーーッ♪



朝アップしたのと一部重複しますがこちらでも読めます。↓
●スポーツ報知
ディーン・フジオカ「ただいま!」福島凱旋で44人の子供と熱唱 

●日刊スポーツ  
ディーン・フジオカじ~ん、故郷福島で初公演大盛況  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島LIVE成功おめでとう&報... | トップ | うっすらお髭&エントリーカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

DEAN FUJIOKA」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。