モンペリエで独り言。

南仏モンペリエの毎日をぶつぶつと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フランス大統領候補者による討論会を見る。

2017-03-21 | モンペリエ
昨夜は、フランス大統領選候補者による討論会がテレビで放送されていて、見ていた。

候補者11人の中、参加者は以下5名。

右党 フランソワ・フィヨン氏 
極右 マリン・ルペン氏
左党 ブノワ・アモン氏
極左 ジャン・リュック・メランション氏
?  エマニュエル・マクロン氏


政治には全く詳しくはないのだが、討論会を見ていた限りで、ざっと説明すると、フィヨン氏は労働時間を週35時間から39時間に引き上げる政策の主張、ルペン氏はEUからの離脱、アモン氏は労働時間を週35時間から32時間に引き下げる政策の主張、メランション氏は話し合いによる紛争の解決、世界平和を目指す理想主義的な思想。といった感じ。それぞれの党の主張が色濃く出ていて、なかなか面白かった。

戦略的に一番長けていたのは、やはりルペン氏。すぐにはEU離脱は言明せず言語下でソフトに説明し始め、他の候補者が熱くなっている時は、静かに自分の番を待ち、注目が集まるのを待つ。対テロ政策でガツンと印象を与えられなかった時は、他候補者への攻撃に転じ、核をつく。

アモン氏の発言はあまり印象に残らなかったものの、フィヨン氏は首相経験もあり、より現実的は発言をしており、メランション氏は、彼の理想の世界を描いて見せて、視聴者を魅了した。

え?マクロン氏?
顔がね、すごくかっこいい。

それだけ?
それだけ。だって、すべての発言が曖昧で、はっきりした数字は避けていたもの。主張もあっちこっちにいって、一体何を主張したいか分からなかったし。

え?討論会後の「誰が一番説得力があったか」のアンケートでマクロンが1番?
うそでしょ?説得力も何も、彼、何も主張していなかったじゃない?


モンペリエ

え?何?フランス人、顔で大統領選ぶ気??


←極右のルペン氏が大統領になるのは絶対避けたいところだが、マクロン氏はマクロン氏でとても不安。


『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その着物は本物か? | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む