モンペリエで独り言。

南仏モンペリエの毎日をぶつぶつと・・・

LANA、治療方針決まる。

2017-03-14 | LANA
今日はLANAの病院の日。
専門医に診察してもらい、エコー専門医にエコーを撮ってもらう。

LANAは簡単にバッグに入ってくれるし、バッグの中でも大人しくしていてくれるので、移動がとても楽。
診察の時も、怒りの「グーグー」をお腹から発するけれど(ネコは嬉しい時だけでなく、自分を慰める時にもグルグルいう)、噛んだり、引っかいたりしない良い子。

エコーの先生によると、LANAの症状は、アメリカでは聞くことがあるが、ヨーロッパではとても珍しいとのこと。
専門医からは、腸の炎症は未だ原因不明だが、一部分の腸壁が分厚くなっており、それが原因で便臭のある嘔吐が続いているということを説明された。それを強い薬で叩き、炎症が治まるのを待つ。それで治らなかったら手術。と取り敢えずの方針が決まった。
前回の手術で既に、腐っていた腸の部分を取ってしまっているので、出来れば手術は避けたい模様。
「絶対に薬はちゃんと飲ませて」と念を押された。

「手術にならないといいが」と心配していたところ、相方には「LANAは奇跡のネコだし、大丈夫だよ」などと言われたが、私はクリスチャンでもなく、根拠のない奇跡など信じる気はない。


LANA

取り敢えず、今回でリンパ腫や猫伝染性腹膜炎などの病名は消えたので、一安心。頑張って治療していこうね。


←長生きできるといいね。



『海外』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みんな天気のせい。 | トップ | 動物色々。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (PeachJello)
2017-04-11 05:45:16
はじめまして。
Lanaちゃんお大事に。うちの子は肝臓値がひっかかって、去年エコーをしたんですがすごいお値段で目が飛び出るかと思いました。ひっかかない良い子ちゃんなんですね(うちは・・・毎回誰かが血を見るので笑)。
コメントありがとうございます。 (S)
2017-06-03 07:09:18
初めまして!
LANAはお薬を飲みつつ、元気にしています♪

小さいネコさんなので捕まえやすいし、バッグの中では静かにしていてくれるので、病院に連れて行くのは比較的楽です。
お腹を触られるのが嫌いなので、エコーは嫌みたいですが、引っかくとか噛むとかは頭にないみたいです。
普段は、私が撫でると噛むんですけどね(;^_^A

PeachJelloさんのネコさんも大丈夫だといいですね。エコーと診察でこちらは100€程度です。
アメリカだとやはりお高いのでしょうか??

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む