第3コーナーからの人生の過ごし方

楽しく生きるとは!
一人じゃダメ、いつも前を見て行動しよう!!

あっても不思議じゃないよね

2017-04-19 | 健康
私の家では、犬は飼っていないのだけどペットとしては
一番好きで可愛くて、人間にっとって最大の友と言っていい
動物なんだけど、その犬も人間と同じ様に高齢化社会になりつつ
あるとのこと。



そこで、心配になるのは犬にも認知症が起こるみたいで
ある調査では、11~12才では10%、15~16才では35%に
行動の障害が見られたという報告もあるとのことで、加齢に
したがって、その割合が高くなってるらしい。

犬の認知症って、どうなるのかと思ったらこんなことが
出てくるみたい。

見当識障害:方向感覚を失い、自分がいる場所がわからなくなる。
社会的交流の変化:攻撃性が増し、吠えたりかんだりすることが増える。
睡眠サイクルの変化:昼間はよく寝るのに、夜は寝ない。
          または1回の睡眠時間が短いなど
活動性の変化:一点を見つめてボーッとしている時間が増えたり、
       反応が鈍くなる。

以上の様な今までとは違う状態になるようだ。
そうなると、動物病院に連れて行かざるを得ないのだろうけど
どう治療するんだろうなあ?

小さな犬ならまだいいだろうけど、大きい犬がおかしくなって
突然、襲ってきたら危ないよね。
犬を飼うのは、こういうこともあるということを考えた上で
飼わないとあかんけど、なかなかそんなことは飼う前に予想して
飼ってないよなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 当然の結果だろうけどね | トップ | 肥満と関係ある11種類のガン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かにね。 (むーどん)
2017-04-20 06:43:11
我々の年になれば、ペットより先に亡くなりそうでね。今からは飼えないなあ(^^;
それもそうだね (モッサン)
2017-04-22 00:57:07
ペットを残して死ねないなんてシャレにならないね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。