第3コーナーからの人生の過ごし方

楽しく生きるとは!
一人じゃダメ、いつも前を見て行動しよう!!

ノーベル文学賞受賞

2016-10-19 | 時事ネタ
先日、ノーベル文学賞にボブ・ディランが決まったのだが
このことに対して本人は、受賞への態度をまだ表明していなし
色々な人からこの受賞に対して意見やコメントが入っている。

しかもノーベル文学賞に歌詞が対象となったのは初めてだし
本人の本当の気持ちは分からないが、ノーベル文学賞を拒否
する方が、なんとなく彼らしいという気がする。



我々の世代では、「風に吹かれて」が印象的だけどやっぱり
反戦歌を歌ったフォーク歌手というイメージが強いなあ。

あの頃は、ベトナム戦争ということもありフォークソングで
反戦歌を歌うグループやシンガーが多かった。

その代表的な存在だったボブ・ディランにノーベル文学賞が
送られることになった訳だけど、確かにダイナマイトを発明
して大儲けした団体が与える賞だから、少し違和感があるのは
否めない。

ボブ・ディランらしく格好良く受賞を拒否する方がしっくり
きそうだよね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本当だったら凄い | トップ | 育ちのいいとか悪いとかって... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
思い出す。 (むーどん)
2016-10-20 07:07:28
ライクアローリングストンの曲を初めて聞いた時は、良く分からなくて好きではなかった。ところで、賞金はどうするのか気になるね。
懐かしいよね (モッサン)
2016-10-20 20:27:54
確かにボブ・ディランの声とか歌とかは、音楽的には
あまり好きではないなあ~。
ただ、歌詞が分かってないからそうなのかな?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。