第3コーナーからの人生の過ごし方

楽しく生きるとは!
一人じゃダメ、いつも前を見て行動しよう!!

昔からよく言われていたけどね

2016-12-28 | 健康
コーラが健康に良くないというのは、昔からよく言われた
話しなのだけど、この様なことを言う人もいるとのこと。

コーラを口に含んだ瞬間から体内では、約10分刻みに様々な
変化が起きているという。



10分後
 ティースプーン10杯分の糖分が人体システムにアタックを
 開始。通常ならこれだけ多くの糖分を一気に飲むと吐き気を
 催すが酸味料のリン酸が抑えている。
20分後
 血糖値が急上昇し大量のインシュリンが分泌。それに肝臓が
 反応して糖分を脂肪に変える。
40分後
 カフェインの吸収が完了し瞳孔は広がり血圧も上昇するなど
 身体に変化が起き、脳のアデノシン受容体が遮断され眠気がなくなる。
45分後
 ドーパミン生成が活発になり、脳の快楽中枢を刺激。これは
 ヘロインが脳に及ぼす影響とほぼ同じ。
60分後
 腸管下部でリン酸がカルシウム、マグネシウム、亜鉛と結合して
 代謝を促進させ大量の砂糖や人工甘味料によりカルシウムは体内では
 吸収されず尿として排出される。
更に60分後
 カフェインの利尿作用によりコーラに含まれている水分は
 全て体外に出る。同時に歯や骨の生成に使われるはずだった
 カルシウム、マグネシウム、電解質、水分とともに排出される。
 また、糖分は体内ですばやく吸収され血糖値を上げるが、それを
 下げようとインシュリンが休息に分泌され低血糖状態になることが
 あるそうで、これを「シュガークラッシュ」とよぶ。
 この症状には、身体のだるさ、イライラ感、めまい、発汗、震え
 手足の冷え等があり、精神疾患と診断される症例の約3割は
 シュガークラッシュが原因とも言われている。

コーラに限らずカフェインや糖分を多く含む炭酸飲料水は長期に
わたって飲み続けると身体に良くないと書かれている。
こんなことが本当に身体に起こるのなら、直ぐに発売停止にしないと
国民の健康を守ること出来ないのと違うの?
まあでも、よく言うよなと思うけど飲み過ぎは何でも身体に
よくないよね。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 消費期限に賞味期限 | トップ | 根津甚八氏逝く »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お礼を申し上げます。 (むーどん)
2016-12-29 11:31:40
皆様の温かいお気持ちを頂き、体調は回復して、元気になりました。さて、コーラは習慣性が有ると云われていたのが判るなあ。
良かったね (モッサン)
2017-01-03 01:10:08
体調が回復してよかったね。玉子酒もあかんよね。

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。