MONOVOlove

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

いるわけです。

2017-06-16 15:30:50 | 日記
金融商品の仕組み。株式について。出資証券(つまり有価証券)であって、その株の企業は自社の株式を持つ株主に対する出資金等の返済に関する義務は発生しないとされています。またさらに、株式は売却によってのみ換金するものである。
きちんと知っておきたい用語。外貨預金とは何か?銀行が取り扱う外貨商品を指し、外貨によって預金する商品の名前です。為替の変動によって発生した利益を得る可能性があるけれども、同じように差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
知ってますか?外貨両替とは何か?海外を旅行するときまたは手元に外貨がなければいけない際に活用されることが多い。ここ数年、円に対して不安を感じた企業等が、現金で外貨を保有する動きもある。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでよく調べる必要がある。
ほぼ全ての自社株を公開している上場企業の場合は、事業の活動を行っていくために、株式上場のほかに社債も発行するのが普通。株式と社債の一番大きな違いは、返済する義務があるかないかですからご注意を。
FX(エフエックス):証拠金をもとに外国の通貨をインターネットなどを利用して売買して利益を出す比較的はじめやすい取引である。FXは外貨預金や外貨MMFなどよりもかなり利回りが良く、さらに手数料等も安いという特徴がある。FXをはじめたい人は証券会社またはFX会社へどうぞ。
FX⇒一般的には外国の通貨をインターネットなどを利用して売買した差額によって利益を出す比較的はじめやすい取引である。FXは外貨預金や外貨MMFと比較して利回りが高いうえ、為替コストも安いのが魅力である。FXを始めるには証券会社またはFX会社で相談しよう。
実は日本の金融市場の競争力を高める為に進められた規制緩和のほか、金融規制の更なる質的な向上を目標にした取組や試み等を実践する等、市場や規制環境の整備がどんどん進められております。
きちんと知っておきたい用語。ペイオフってどういうこと?不幸にもおきた金融機関の倒産に伴って、金融危機に対応するための法律、預金保険法の定めにより保護できる個人や法人等の預金者の預金債権(預金保険法の用語)について、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのです。
つまり外貨MMFとは?⇒国内で売買可能である外貨商品の名称(マネー・マーケット・ファンド)。外貨建ての商品でも外貨預金と比較して利回りが高いうえ、為替変動による利益も非課税というメリットがある。証券会社で購入可能。
必ず知っておくべきこととして、株式とは?⇒社債などと異なり、出資証券(有価証券)であり、企業は出資されても法律上は当該株主に対して出資金等の返済に関する義務は負わないことがポイント。もうひとつ、株式は売却によってのみ換金できる。
金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会のことをご存知ですか。この協会では協会員の有価証券(株券や債券など)の取引等を公正、さらには円滑にし、金融商品取引業の堅実な進歩を図り、出資者を守ることが目的。
【解説】ペイオフとは何か?突然の金融機関の経営破綻が原因の倒産に伴って、預金保険法で保護対象とされている個人や法人等の預金者の預金債権(預金保険法の用語)に対して、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事なのです。
なじみのあるバンクという単語は実という単語は机やベンチを意味するbancoというイタリア語が起源。ヨーロッパで最も古い銀行にはびっくり。15世紀に現在のイタリア北部のジェノヴァで生まれ、領土の統治にも関与していたサン・ジョルジョ銀行なのです。
預金保険機構(DIC)が保険金として支払う補償額の上限は"預金者1人当たり1000万円(決済用預金は全額)"ということになっています。この機構は政府だけではなく日本銀行合わせて民間金融機関全体の三者ががほぼ同程度の割合で
実は、第二種(第一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託)を発売し、それを健全な運営を続けるためには、目がくらむような量の、業者が「やるべきこと」、そして「やってはいけないこと」が事細かに定められているわけです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 行う仕組みです。 »

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。