ありふれた毎日に思うこと

猫と庭仕事が好きな主婦のブログです
思っていることを自由に綴ります

自分がそう言われても平気なのか

2016-12-13 16:20:11 | 思いついた事
知り合いの息子さんが結婚するというのでおめでたい事だと思っていたら、あまりめでたくもなさそうです。

お嫁さんに結婚前から苗字は変えません、親の面倒は見ませんと宣言されたらしい。

なんと冷たい人だろう。

知らない人の老後なんか知りません、という事でしょう。

家と結婚するわけではない、嫁になるわけではないという事でしょう。


私が私が私が…

最近はそういう考えがある事は聞いてはいたが、なんとも冷たい話です。


赤ちゃんは面倒を見る人がいなければ簡単に死んでしまう存在です。

そうやって面倒をみて育ててくれたから夫になる人が目の前にいるとは思わないのでしょうか。

自分が親になって、産み育てた子供が連れてきた彼女が もしそういう風に思っても平気なのでしょうか。

自分が日に日に弱って行き、買い物にも困るようになっても、見て見ぬふりをされて平気なのでしょうか。


苗字を変えるのがいやだという人も増えています。

結婚前に仕事をしていると不都合が生じるそうですが、子供ができた時の子供の不都合とどちらが大変なのでしょう?

一つの苗字で一つ屋根の下で暮らすから一体感が生まれるのではないでしょうか?

私も結婚当初は今の姓に違和感がありましたが、今ではすっかりこの姓になじみ、家風にも馴染んでしまっています。

義弟のお嫁さんと他人より親しく話せるのも、同じ姓だからだと思います。

別姓がいいなら同棲しとけばいいんじゃないんですか?

財産が気になるなら遺言しとけばいいじゃないんですか?


昔からの慣習には ぱっと見ではわからない深い意味があるものです。

頭だけで考えた浅い知恵とは違います。

慣習に従う大多数より、頭だけで考えた浅知恵を唱える人の方が声が大きく偉そうなのが残念です。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歩いてわかった街の変貌 | トップ | 年賀状と郵便番号 »

コメントを投稿

思いついた事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。