「物置のピアノ」上映会情報

福島県桑折町発の映画「物置のピアノ」の上映会情報を掲載しています。
福島の復興支援のために上映団体を募集中!

ピアノ贈呈式 & 記念スペシャルコンサート

2015年12月18日 18時00分37秒 | 上映報告


17日に「物置のピアノ」の舞台、桑折町に「被災地へピアノをとどける会」の皆さまから、
とても素敵なピアノが届きました!

「被災地へピアノをとどける会」は、その名の通り、日本全国から寄贈して頂いたピアノを、
被災地へと届ける活動を行っています。
活動のきっかけとなったのは、子どもたちの声でした。
以下、「被災地へピアノをとどける会」のHPから抜粋させて頂ます。



未だに多くの人たちが避難所での生活を余儀なくされており、
自宅へ戻った人たちも、大きな苦労を背負いながらの生活を送っており、
震災からの復興は、多くの時間と援助を必要としている。

このような中、ライフラインもまだ回復していない状況下にありながら、
「先生、津波でピアノが流されてしまい練習できませんが、レッスンに行ってもいいですか?」
といった声が、多くの子どもたちから寄せられました。

小さな子どもたちの元気な歌声と笑顔と共に過ごしたピアノ、
音楽と共に過ごしてきた人たちの良き友であったピアノが、
一瞬にして失われてしまいました。

ピアノは、音楽教育や演奏活動に欠かせない楽器です。
私たちは、「被災地へピアノをとどける会」を立ち上げ、
音楽に寄り添ってきた人たちの笑顔が、再び音楽によってよみがえるよう、
被災地へピアノをとどける義援金、ピアノの寄贈を集める活動を始めました。
各方面より震災により被害を受けたピアノの調査を行い、それを精査し、
ピアノを必要としている所へピアノをお届けしていきたいと思います。



上記のような思いにて震災後活動を続けてきた「被災地へピアノをとどける会」と、
「物置のピアノ」がつながり、今回のピアノ贈呈式へと結ばれていきました。


ピアノ贈呈式に合わせて、記念スペシャルコンサートとして、
届いたピアノの伴奏に加え、バリトン、サクソフォーンと共に、
「紅葉」「赤とんぼ」などの日本の歌、シューベルトやモーツァルトなどの名曲の数々が演奏されました。
ピアノのゆるやかな伴奏と力強いバリトンの歌声に合わせて、
ご来場頂いた皆さんからは、柔らかな合唱が響いていました。
小雨の降る肌寒い日でしたが、会場内はとても温かい雰囲気に包まれ、
心が安らぐ素晴らしいコンサートとなりました。

「被災地へピアノをとどける会」の皆さま、今回の贈呈式が良い形で開催されるよう、
ご尽力頂きました皆さま、そして、ご来場頂きました皆さま、ありがとうございます!

また、演奏者の方の一人に桑折町に縁のある方もおり、
集まられた町民の皆さんからは驚きの声が上がる一幕もありました。
「物置のピアノ」と「被災地へピアノをとどける会」が桑折町にてつながり、
そして、また不思議な巡りあわせによって、新たな縁が紡がれていく、、、。


震災から5年が経過しようとしている今、まだまだ様々な問題が残されていますが、
少しずつ少しずつ、新しい未来へと向けて、変わり始めています。

「被災地へピアノをとどける会」では、ピアノの購入費、運搬費として「義援金」のご寄付をお願いしております。
ご興味のある方は、下記HPをご参照頂けますと幸いです。

「被災地へピアノをとどける会」HP
http://www.piano-donation.org/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ふくしまの今を語ろう」立... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。