「物置のピアノ」上映会情報

福島県桑折町発の映画「物置のピアノ」の上映会情報を掲載しています。
福島の復興支援のために上映団体を募集中!

カナリヤ映画祭で感動を御届けしました!「物置のピアノ」上映会情報

2015年10月01日 17時00分00秒 | 上映情報
9月のシルバーウィークに、福島県本宮市でカナリヤ映画祭が開催されました。
9月19~20日の二日間で開催され、我が「物置のピアノ」は20日に上映されました。
詳細を橘内プロデューサーから伺いました。

長い映画の歴史を誇る町、本宮市で上映!~カナリヤ映画祭「物置のピアノ」上映報告~

では、橘内プロデューサー、よろしく御願いします。

去る9月20日、福島県は本宮市のカナリヤ映画祭へ挨拶へ行ってまいりました。
本宮市は本宮方式と呼ばれる地元の主婦の方々が主体となって映画製作を行ったという、とても映画製作と関わり合いの深い町です。
町内には創立100年を超える歴史的な映画館も存在し、現在も度々、昔ながらの映写機で当時の作品を上映し話題となっております。

映画祭は、「本宮の映画文化を継承する会」の町の皆さま、そして、地元の高校生の学生さんたちがボランティアで運営してくださいました。
映画製作を通じ、世代を跨いで歴史と文化を紡いでいる素晴らしい町でした。
会場には、50年前に町内で製作された「心の山脈」という作品の当時の記録写真などが、展示されており、皆さん昔話に花を咲かせておりました。

「物置のピアノ」の上映の際には、たくさんの方々にご来場いただき、エンドロールの最後まで席を立たずにご覧頂き、上映後には大きな拍手を頂きました。
桑折町出身の方もいらっしゃって「ずっと見たいと思っていてやっと見れた! とても感動しました!」
と、涙ながらに感想を語ってくださいました。

また、映画主演の芳根京子さんのファンの方にも東京からわざわざお越し頂きました。主演ドラマが現在、放映中ですので、これからのご活躍も楽しみですね。
映画祭を運営されていた方々、ご来場頂いた方々に改めて感謝致します。ありがとうございます!




創立100年を越える映画館がある町とは素晴らしいですね。歴史ある映画の町で我が「物置のピアノ」が上映されたことは本当に嬉しいことです。
そして、アンケートもまた抜粋でご紹介させていただきます!

表参道高校合唱部!」出演の女の子が主演だったのですね。期待している若手女優さんだったので、この映画を観ることができラッキーでした。
「カノン」の連弾が印象的でした。
(54歳・郡山市在住)

メディアで「物置のピアノ」制作のことは知っていましたが、こんなによい映画と予想していませんでした。感動しました。
福島県みんなの苦しみや、体験を表現してくださってありがとう。涙が出てしょうがありませんでした。いい映画でした。
(77歳・本宮市在住)


映画の中で、いくつか共感するポイントがあり胸が一杯になりました。
最後、家族の一人ひとりが前に1歩進む方向が見えてうれしかったです。
福島県民なら、みんな同じように感じると思います。まだ過去のことになっていません。現在進行形です。
もっと全国の多くの方に見ていただきたいと思います。
(50歳・本宮市在住)

揺れる青年、少女の葛藤と家族の絆、本当に感動致しました。また、福島の現状を切実に表現してくださって重ねて感謝を申し上げます。
(73歳・本宮市在住)

浪江町より避難している一人として、涙なくしてみられない。感動で一杯です。
風化しつつある現状に情けないやらかなしいやら、前向きにと思いながらも元の生活に戻りたいという気持ちが本音です。
もっと多くの人達に今回の企画を知ってもらって参加していただければと残念です。
(59歳・二本松市在住)

何度観ても良い作品だと思いました。
(31歳・福島市在住)


カナリア映画祭、他にもたくさん素晴らしい作品を上映されてたいへん素晴らしい映画祭となられました。
これからも続けて人々の心に感動を届けていただける映画祭であっていただけると思います。
本当にありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島の「今」をドイツに届け... | トップ | フランスでの上映会は大成功... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。