「物置のピアノ」上映会情報

福島県桑折町発の映画「物置のピアノ」の上映会情報を掲載しています。
福島の復興支援のために上映団体を募集中!

イタリア・ペルージャにて!「物置のピアノ」上映会報告

2015年07月01日 17時20分55秒 | 上映情報
七月最初のBlogです。
今月はデンソー様ハートフルまつり、調布星美幼稚園様上映会、桑折町主催上映会と目白押しですが、先月18日にイタリア・ペルージャでも上映会が開催されていました。
今日はそちらのご報告です。

絵と書のコラボに映画!「物置のピアノ」イタリア・ペルージャ上映会!

イタリア・ペルージャ。イタリア中部にある大学都市です。近くにはアッシジの遺跡があり、元サッカー選手の中田英寿が1998年~2000年に所属したサッカーチームペルージャ(当時セリエA:現ACペルージャカルチョ)の本拠地でもあります。
今回上映会を企画・開催してくださいました伊藤順子さんと倉石千種さんは、ペルージャにて出会い絵画と書をコラボレーションした作品を発表しています。
数々の展覧会にも出展し、今回”Le ali del pensiero”(思考の翼)という「展覧会」「現代美術と音楽のイベント」「映画上映会」の三本立て企画の中の一つとして「物置のピアノ」上映を開催してくださいました。

では、当日の模様をうかがっておりますのでご紹介します。

6月18日夜、ペルージャの旧市街の静かな一角にある映画館Postmodernissimoで、「物置のピアノ」の上映会を開催しました。ペルージャ外国人大学などに在学している日本人・外国人の若者たち、地元イタリア人も関心を持って多数(54席中45席埋まりました)訪れてくれました。
映画上映に先立ってプレゼンテーションを行い、東日本大震災やその後の状況をお伝えするとともに、企画・製作を担当された武重邦夫監督から、本作品のイタリアでの上映を依頼されたことなどをお話ししました。
終了後、映画をごらんいただいた皆さんに感想をお伺いしたところ、東日本大震災後の現状を知ることができて感動した、日本映画を通して日本の行事や祭りに興味をもった、など総じて好感をもって受け止めていただきました。アンケート結果からも、観客の方々には日本及び日本文化に対する理解を深めていただけたものと思っています。上映に携わった者としては感慨無量です。


上映会にあたっては、旧知の武重邦夫さんから、ペルージャ外国人大学で上映会を開催して、ぜひ、学生さんたちに見てもらいたい、と依頼されたことから始まりました。
倉石千種も私も、若い頃から映画が好きで、ペルージャ外国人大学での週1回「映画」の授業に出て(千種は学生ではありませんが)、同大学で開催される毎水・木曜の午後5時からの映画(無料)を見て、土日には、見たい映画の上映があると地元の映画館に出かけるほど、二人とも映画好き(今回の“Le ali del pensiero”「思考の翼」の3本立ての企画、「展覧会」「現代美術と音楽のイベント」「『物置のピアノ』映画上映会」のために、その習慣は途絶えていますが)。
そんな映画好きな二人と、武重さんの依頼が重なって、上映会開催にいたりました。


ありがとうございます。なぜかイタリアと縁(えにし)のあるこの映画。ペルージャの方にも感動をお届けすることができました。
伊藤順子さんと倉石千種さんの作品はHPでも見ることができます。ぜひ一度アクセスしてみてくださいね!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛と信頼の調布星美幼稚園に... | トップ | 来週開催!「物置のピアノ」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。