「物置のピアノ」上映会情報

福島県桑折町発の映画「物置のピアノ」の上映会情報を掲載しています。
福島の復興支援のために上映団体を募集中!

ピアノ贈呈式 & 記念スペシャルコンサート

2015年12月18日 18時00分37秒 | 上映報告


17日に「物置のピアノ」の舞台、桑折町に「被災地へピアノをとどける会」の皆さまから、
とても素敵なピアノが届きました!

「被災地へピアノをとどける会」は、その名の通り、日本全国から寄贈して頂いたピアノを、
被災地へと届ける活動を行っています。
活動のきっかけとなったのは、子どもたちの声でした。
以下、「被災地へピアノをとどける会」のHPから抜粋させて頂ます。



未だに多くの人たちが避難所での生活を余儀なくされており、
自宅へ戻った人たちも、大きな苦労を背負いながらの生活を送っており、
震災からの復興は、多くの時間と援助を必要としている。

このような中、ライフラインもまだ回復していない状況下にありながら、
「先生、津波でピアノが流されてしまい練習できませんが、レッスンに行ってもいいですか?」
といった声が、多くの子どもたちから寄せられました。

小さな子どもたちの元気な歌声と笑顔と共に過ごしたピアノ、
音楽と共に過ごしてきた人たちの良き友であったピアノが、
一瞬にして失われてしまいました。

ピアノは、音楽教育や演奏活動に欠かせない楽器です。
私たちは、「被災地へピアノをとどける会」を立ち上げ、
音楽に寄り添ってきた人たちの笑顔が、再び音楽によってよみがえるよう、
被災地へピアノをとどける義援金、ピアノの寄贈を集める活動を始めました。
各方面より震災により被害を受けたピアノの調査を行い、それを精査し、
ピアノを必要としている所へピアノをお届けしていきたいと思います。



上記のような思いにて震災後活動を続けてきた「被災地へピアノをとどける会」と、
「物置のピアノ」がつながり、今回のピアノ贈呈式へと結ばれていきました。


ピアノ贈呈式に合わせて、記念スペシャルコンサートとして、
届いたピアノの伴奏に加え、バリトン、サクソフォーンと共に、
「紅葉」「赤とんぼ」などの日本の歌、シューベルトやモーツァルトなどの名曲の数々が演奏されました。
ピアノのゆるやかな伴奏と力強いバリトンの歌声に合わせて、
ご来場頂いた皆さんからは、柔らかな合唱が響いていました。
小雨の降る肌寒い日でしたが、会場内はとても温かい雰囲気に包まれ、
心が安らぐ素晴らしいコンサートとなりました。

「被災地へピアノをとどける会」の皆さま、今回の贈呈式が良い形で開催されるよう、
ご尽力頂きました皆さま、そして、ご来場頂きました皆さま、ありがとうございます!

また、演奏者の方の一人に桑折町に縁のある方もおり、
集まられた町民の皆さんからは驚きの声が上がる一幕もありました。
「物置のピアノ」と「被災地へピアノをとどける会」が桑折町にてつながり、
そして、また不思議な巡りあわせによって、新たな縁が紡がれていく、、、。


震災から5年が経過しようとしている今、まだまだ様々な問題が残されていますが、
少しずつ少しずつ、新しい未来へと向けて、変わり始めています。

「被災地へピアノをとどける会」では、ピアノの購入費、運搬費として「義援金」のご寄付をお願いしております。
ご興味のある方は、下記HPをご参照頂けますと幸いです。

「被災地へピアノをとどける会」HP
http://www.piano-donation.org/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島県いわき市にて上映会が行われました!

2015年11月22日 08時34分58秒 | 上映報告
福島県いわき市にて開催されている、いわきまちなかアートフェスティバル「玄玄天」にて、
「物置のピアノ」が上映されました!
当日の上映レポートが似内監督から届いておりますので、是非ご覧ください。



11/14の土曜日、いわきまちなかアートフェスティバル「玄玄天」にて物置のピアノが上映されました。
 当日はあいにくの雨模様にも関わらず、20名程の方々にお越し頂き、用意された椅子を埋め尽くしてくださいました。そして、様々なアートが飾られた空間に設置されたスクリーンにて物置のピアノの上映が行われました。
 上映後のトークでは、皆さんの感想を聞きつつ脚本作りや撮影時のエピソード、桑折の方々との映画作りについて、私のこの作品へのこだわり等、沢山のことを話させて頂きました。
撮影から2年経った今でも、福島で暮らす方々に見て頂くことの重みと同時に少なからず皆様の心に届いたことを実感させて頂き、私にとって大変貴重な時間となりました。

 今回上映の機会を頂いた「玄玄天」は2014年からスタートし、今年で2回目とのことなのですが、それを始めたのが私の映画学校時代の同級生、会田勝康君でした。
彼は震災を機に生まれ育ったいわきに戻り、家業を継ぎながら自分に出来ることを模索し続け、このアートフェスティバルを始めたそうです。
震災によって様々なことが変わりました。悲しいこと辛いことは言うまでもありません。
ですが、そこから進もうとする人々の姿が「物置のピアノ」を生み出し、そして学生時代よりもとても頼もしくなって福島で活動し続ける同級生に上映する機会を貰えたことを本当に嬉しく思います。
「玄玄天」は今月27日までです。いわきの街の賑わいの中に溶け込んだアートに是非触れてみてください。


似内監督の同級生である会田様が「玄玄天」を立ち上げ、頑張ってこられたのですね。
卒業後、このような形で再び巡り合う……縁とはとても不思議ですね。
本上映にご尽力頂きました「玄玄天」スタッフの皆さま、ありがとうございます!


たくさんのイベントが展開されている「玄玄天」は11月27日まで開催されています!
詳細は、下記HPをご覧ください。


「玄玄天」
http://gengenten.com/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フランスでの上映会は大成功となりました!

2015年11月10日 17時05分40秒 | 上映報告
「物置のピアノ」海外上映、第6弾はフランスのパリ!
イギリス、イタリア、ドイツに続き、ヨーロッパでは4ヶ国目となります!



今回の上映は、パリの日本文化会館にて開催されている、
「日本映画の風景」のプログラムの一環として行われました。
本作以外にもたくさんの日本映画が公開され、
フランスの方々に日本を知って頂く、良いイベントとなっています。

「日本映画の風景」
http://www.mcjp.fr/ja/agenda/paysages-du-cinema-japonais/le-piano-des-secrets

現地にてご活動されているフランス福島県人会の遠藤祐子様から、
上映レポートが届きましたので、是非、ご覧ください。



映画「物置のピアノ」パリ上映報告

  この時季には珍しいほどの暖かい秋晴れの中、11月7日(土曜日)に、映画「物置のピアノ」がパリ日本文化会館にて「日本映画の風景」のプログラムの一つとして上映されました。ちなみにフランス語のタイトルは、 «Le piano des secrets » 「秘密のピアノ」です。
 上映は14時30分より、事業局次長で、予告編やビデオレターにフランス語の字幕を付けて下さったファブリス・アルデュイニさんより、簡単な映画の説明がありました。 そして、橘内プロデューサーに編集していただいた桑折町の高橋町長や似内監督のこの作品への思い、そして町民の方々からのメッセージを盛り込んだ5分間のビデオレター上映の後、本編が上映されました。上映中は一人も席を立つ人がなく、エンドロールまで観客の方々は映画に見入っていました。上映が終了すると、感動の涙と共に暖かい拍手に包まれました。
 「東日本大震災から4年半を経た今日、そこに生きることを決めた人々の現在の気持ちをよく描いていると思った。」、「涙が溢れるほど感動しました。多くの人に見ていただきたい。」、「福島の美しい景色が印象的でした。いろいろな現状を誇張することなく上手に描いている映画だったと思います。」、「こんなに自然が豊かな素晴らしいところが原発事故によっていろいろな影響、被害を受けた事は何とも残念です。」、「福島県がこのように美しいところだとは思っていませんでした。」、「2回の上映は少なすぎる。もっと上映してほしい。」 福島県を訪れたことのあるフランス人の方からは、「映画が素晴らしかった。福島の景色を思い出した。」など、数々の感想をいただきました。またフランス語字幕も、「日本語の微妙なニュアンスが表現されていて、とてもよかった。」と好評でした。「本当に良い映画をありがとう!」多くの方々からいただいた言葉です。
 今回の上映はプログラムの一つとして組み込まれていたため、時間があまり取れない状況でしたので、橘内プロデューサーの【映画「物置のピアノ」フランス上映に際して】、県人会の【映画「物置のピアノ」の上映の経緯と福島の現状について】を日仏語で、福島県のパンフレット、食の安全に対する取り組みのチラシ、福島の絵はがきをセットにして配布しました。また会場の入口には民芸品を展示し、先着50名の方に福島の小物を進呈しました。
 今月26日には、第2回目の上映があります。また多くの方々が見に来て下さることを願っています。

                                             フランス福島県人会「福島の会」
                                                       遠藤 祐子

遠藤様、ありがとうございます!   
映画の内容や込められた思いがフランスの人々へ届くか不安でしたが、
関係者の方々のお心遣いにより、とても良い形でご理解頂き、
素晴らしい上映となりました!

フランス現地にて上映実現へ向けてご尽力頂きました皆さま、
福島にてフランス語字幕作成にご尽力頂いた皆さま、
フランスと福島を繋いでくださった多くの方々へ改めて感謝致します。
本当にありがとうございます!


まだ、2回目の上映も控えております。
スタッフ一同、日本より成功をお祈りしております!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

被災地に届きますように・・・。Seed Agri Fes 1st 都城上映会アンケートから 第二回目

2015年02月10日 15時46分44秒 | 上映報告
1/17(土)に開催されました九州初の「物置のピアノ」上映会の報告の第二回目です。

今回は、昼夜と二回に分けて開催された上映会とパネルディスカッションですが、昼の部をご紹介いたします。

パネルディスカッションには、以下の方々がご登壇頂きました。



写真左から
都城東高校 調理科 山下桃花さん
都城東高校 調理科 有留ゆめきさん
都城東高校 調理科 朝倉美佐さん
Seed 生産者 岡元孝仁さん
Seed 生産者 橋村久明さん
Seed 生産者 大石朝寛さん
Seed 生産者 東森宏さん

昼の部のテーマは、食の「未来」について語ろう!です。

まず、主催社代表である岡元孝仁さんから、「未来」を語る前に現状の「食の安全とは」
についてお話を頂きました。



 昨今、マスコミなどで取り上げられる、賞味期限や産地の偽造や改ざん・・・。
 最近では、異物の混入など毎日のように取り上げられますが、加工されると私たち生産者は、どうしようもないんですね。
 だから、私たち生産者ができるのは、生産過程におけるその工程などの情報を開示することだとおもうんです。
 わかりやすく言うと、農薬や化学肥料の使用の有無などですね。

そこから、もう一歩踏み込んで、消費者が知っているようで知らなかった、「自然栽培」、「有機栽培」の違いなど目から鱗のお話が観客を引きつけた。

 こうした、安全安心の食材を提供している各生産者がそれぞれの個性をPRし、まもなく社会人となる高校生の調理科の3名も素材にこだわるシェフでありたいと思いを語った。

そして、公開された映画「物置のピアノ」九州初上映。



クライマックスのシーンでは、ハンカチを目頭に当て、すすり泣く声も多く聞こえました。

その中でもいくつか、アンケートより被災された方々へのエールをご紹介いたします。

 福島県桑折町のみなさまからの愛のメッセージを受け取った感じです。
 被災経験のない私からは、エールなど遅れる身分ではありませが・・・。
 感じたことは、毎日を大切に生きてゆくしかないのだと感じています。
 みなさんの毎日にたくさんの光が差しますように・・・。
 物質的にも精神的にも一日もはやい復興をお祈りしています。
(30代 女性)


 震災から4年が立とうといているのに、実感のある復興が進まず辛い思いをされてることと思います。
 私は、正直皆さんにどのようにお役に立てるのか分かりません・・・。
 どうか、お身体を大切になさってください。
 遠くても被災地のことを考え思いを馳せている者がいることをお伝えしたいと思いました。
(50代 女性)


 祈りは時を超えて、必ず届くと信じています。
 わたしは、あなたたちのことを絶対忘れません。
 あなたたちもそういう人がいることをぜひ、忘れないでいただきたい。
 人はこの世に生を受けたのは、魂を磨くために生まれてきたのだと言うことを改めて思い直しました。
 映画が広がり、様々な形で被災者への支援が繋がってゆくことを祈ります。
(50代 男性)

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついにこの日がやってきた。!Seed Agri Fes 1st 「物置のピアノ」上映報告レポート 第一回目

2015年01月21日 12時31分13秒 | 上映報告
去る、1/17(土)に開催されましたSeed Agri Fes 1stにて、ついに「物置のピアノ」が九州への初上陸を果たしました!
 今回の上映会は、宮崎県都城市の生産農家の皆さんのネットワーク集団、Seed(都城6次産業化推進生産者協議会)の主催により開催されました。

それでは、数回にわたり上映レポートと鑑賞頂きました皆様からのアンケートをご紹介します。

まずは、今回はその一回目、主催者の皆様のご紹介です。



会場となるのは、都城ウエルネス交流プラザ内にある2Fムジカホールでの上映です。
設備もすばらしく「物置のピアノ」をよりよい環境で鑑賞頂けることに主催者も大変、興奮し会場へ入りました。



受付周りは、現地で自主映画の上映業務を行っている「M20南九州」の坂元さんが完全にバックアップ!
ボランティアの皆様も含め、慣れたご様子でしっかりと主催者の気がつかないところをサポートして頂きました。

今回のイベントでは、昼の部と夜の部の二部構成になり、それぞれの回に「生産者と消費者のパネルディスカンション」そして、「物置のピアノ」の上映が行われました。

その昼夜の間には、劇場前のホワイエにて主催者の皆様による「野菜直売会」が開催されました。



直売会は、主催者であるSeedメンバーの以下の皆様がご出展されました。

1.有限会社コウワ 田中永子さん
都城は、皆さんご存じの芋焼酎「霧島」が有名ですが、田中さんの旦那さんは、「霧島」の開発にも関わられたとか。今回は、シルクスィートという、大変珍しい品種のサツマイモで作られた焼酎が販売されました。

2.うしのこ 池田知加子さん
池田さん手作りで、オリジナルのチーズなど、多数の乳製品を販売されました。

3.大石製茶園 大石朝寛さん
こちらも都城名産のお茶の販売です。大石さんは、さまざまな種類のお茶を販売されています。
今回は、紅茶がオススメでした!

4.ひがしのもりファーム 東森宏さん
畜産と野菜の栽培をおこなう東森さん。今日は、たいへん珍しい”紅はるか”というサツマイモの販売を頂きました。

5.KIYANSE FARM 大前幸祐さん
ブルーベリーの観光農園を経営され、園内にはSeedメンバーの野菜が購入できる直売所もあります。
今回は、大前さん生産のブルーベリーを原料にしたマカロンも販売です。

6.松川果実園 松川宗由さん
ブルーベリー栽培では、宮崎ではパイオニアの松川さんは、高機能野菜の生産の生産も行われています。
今回は、菊芋やその加工品など販売していました。

8.おかもと自然薯農園 岡元孝仁さん
農林水産省 登録品種「秋宝」など、希少な野菜のみを年間100種類生産されています。
今回は、自然薯はもちろん、今夜の晩ご飯に使えそうなお野菜が並びました。

さて、会場のセッティングも完了!
あとは、来場の方々を待つだけ!

いよいよ、Seed Agri Fes の開催です。ついに「物置のピアノ」が九州の皆様にご覧頂けます!

次回はSeed Agri Fes 、昼の部のレポートと「物置のピアノ」アンケートのご報告です! つづく!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加