「物置のピアノ」上映会情報

福島県桑折町発の映画「物置のピアノ」の上映会情報を掲載しています。
福島の復興支援のために上映団体を募集中!

「ふくしまの今を語ろう」立命館大学大阪キャンパス上映会

2015年12月15日 17時13分11秒 | 上映情報


立命館大学大阪キャンパスにて、上映会が決定しました!


学校法人立命館と福島は、2013年12月に復興に向けた連携・協力のため、協定を締結し、
12月20日、地域・社会に開かれた大阪いばらきキャンパスを会場に、風評と風化、
二つの風に向き合う現地の今を知り、感じ、考える1日となることを願って、
「ふくしまの今を語ろう」を開催することになりました。

「物置のピアノ」鑑賞や復興支援活動を通して見えた「ふくしまの今」を専門家、
学生、留学生たちの報告やパネル展示、体験型の企画、そして本を通してお伝えします。

本イベントの内容は、ステージ企画、ホール企画、ライブラリー企画の大きく3つに分かれています。

ステージ企画では、「物置のピアノ」の特別上映に始まり、トークセッションとして、
福島にて活動している方々をお招きし、立命館と福島との間で結ばれてきた縁を紐解いていきます。
ホール企画では、福島県と立命館のそれぞれがパネル展示を行うほか、
福島県産食材を使用した試食・試飲など、幅広い企画が展開されます。
ライブラリー企画では、福島県の語り部さんによる紙芝居で震災当時のお話をし、
福島の様子を伝えるとともに、福島に関する本を「植樹」ならぬ「植本」するセレモニーも行われます。

遠く離れた大阪の地にて、福島を支えてきてくださった方々の思いによって開催される、
とても素敵なイベントとなっております。
ご興味を持たれた方は、是非、ご参加ください。
イベントの詳細は下記になります。


「ふくしまの今を語ろう」【参加費無料】

日時 12月20日(日) 10:00~16:30
場所 立命館大学大阪いばらきキャンパス 
B棟立命館いばらきフューチャーセンタープラザ
住所 〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150
   (JR茨木駅から徒歩約5分)

映画「物置のピアノ」の上映
10:10~12:50 ステージ企画内にて上映。
※申し込み不要、当日9:30より受付。先着120名。


【問い合わせ先】
立命館災害復興支援室 TEL:075-813-8282 E-mail:311fukko@st.ritsumei.ac.jp
福島県総務部広報課  TEL:024-521-7124


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カナリヤ映画祭で感動を御届けしました!「物置のピアノ」上映会情報

2015年10月01日 17時00分00秒 | 上映情報
9月のシルバーウィークに、福島県本宮市でカナリヤ映画祭が開催されました。
9月19~20日の二日間で開催され、我が「物置のピアノ」は20日に上映されました。
詳細を橘内プロデューサーから伺いました。

長い映画の歴史を誇る町、本宮市で上映!~カナリヤ映画祭「物置のピアノ」上映報告~

では、橘内プロデューサー、よろしく御願いします。

去る9月20日、福島県は本宮市のカナリヤ映画祭へ挨拶へ行ってまいりました。
本宮市は本宮方式と呼ばれる地元の主婦の方々が主体となって映画製作を行ったという、とても映画製作と関わり合いの深い町です。
町内には創立100年を超える歴史的な映画館も存在し、現在も度々、昔ながらの映写機で当時の作品を上映し話題となっております。

映画祭は、「本宮の映画文化を継承する会」の町の皆さま、そして、地元の高校生の学生さんたちがボランティアで運営してくださいました。
映画製作を通じ、世代を跨いで歴史と文化を紡いでいる素晴らしい町でした。
会場には、50年前に町内で製作された「心の山脈」という作品の当時の記録写真などが、展示されており、皆さん昔話に花を咲かせておりました。

「物置のピアノ」の上映の際には、たくさんの方々にご来場いただき、エンドロールの最後まで席を立たずにご覧頂き、上映後には大きな拍手を頂きました。
桑折町出身の方もいらっしゃって「ずっと見たいと思っていてやっと見れた! とても感動しました!」
と、涙ながらに感想を語ってくださいました。

また、映画主演の芳根京子さんのファンの方にも東京からわざわざお越し頂きました。主演ドラマが現在、放映中ですので、これからのご活躍も楽しみですね。
映画祭を運営されていた方々、ご来場頂いた方々に改めて感謝致します。ありがとうございます!




創立100年を越える映画館がある町とは素晴らしいですね。歴史ある映画の町で我が「物置のピアノ」が上映されたことは本当に嬉しいことです。
そして、アンケートもまた抜粋でご紹介させていただきます!

表参道高校合唱部!」出演の女の子が主演だったのですね。期待している若手女優さんだったので、この映画を観ることができラッキーでした。
「カノン」の連弾が印象的でした。
(54歳・郡山市在住)

メディアで「物置のピアノ」制作のことは知っていましたが、こんなによい映画と予想していませんでした。感動しました。
福島県みんなの苦しみや、体験を表現してくださってありがとう。涙が出てしょうがありませんでした。いい映画でした。
(77歳・本宮市在住)


映画の中で、いくつか共感するポイントがあり胸が一杯になりました。
最後、家族の一人ひとりが前に1歩進む方向が見えてうれしかったです。
福島県民なら、みんな同じように感じると思います。まだ過去のことになっていません。現在進行形です。
もっと全国の多くの方に見ていただきたいと思います。
(50歳・本宮市在住)

揺れる青年、少女の葛藤と家族の絆、本当に感動致しました。また、福島の現状を切実に表現してくださって重ねて感謝を申し上げます。
(73歳・本宮市在住)

浪江町より避難している一人として、涙なくしてみられない。感動で一杯です。
風化しつつある現状に情けないやらかなしいやら、前向きにと思いながらも元の生活に戻りたいという気持ちが本音です。
もっと多くの人達に今回の企画を知ってもらって参加していただければと残念です。
(59歳・二本松市在住)

何度観ても良い作品だと思いました。
(31歳・福島市在住)


カナリア映画祭、他にもたくさん素晴らしい作品を上映されてたいへん素晴らしい映画祭となられました。
これからも続けて人々の心に感動を届けていただける映画祭であっていただけると思います。
本当にありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島の「今」をドイツに届けました!「物置のピアノ」デュッセルドルフ上映会!

2015年09月30日 17時14分11秒 | 上映情報
去る9月19日にドイツ・デュッセルドルフにて開催されました「物置のピアノ」上映会。
今日は上映に至った経緯などを担当者様に伺いましたのでご紹介いたします。


福島の「今」を伝えたい!~「物置のピアノ」デュッセルドルフ上映会~
では今回のデュッセルドルフ上映会についての詳細をご紹介いたします。

Q1.今回の上映会を決定した経緯を教えてください。
福島県の復興支援の一環として、ドイツ人に福島の現状を知ってもらうために、在デュッセルドルフ日本国総領事館、ケルン日本文化会館及びジェトロデュッセルドルフ事務所が共同で「福島デー」を開催することとなり、その中で「物置のピアノ」の上映することとなりました。

Q2.貴団体の活動理念や趣旨をお聞かせください。
今回の主催は在デュッセルドルフ日本国総領事館とジェトロデュッセルドルフ事務所の二団体となります。
在デュッセルドルフ日本国総領事館は管轄地域の在留邦人の保護,通商問題の処理,政治・経済その他の情報の収集・広報文化活動などの拠点として活動ケルン日本文化会館:ドイツ語圏における日本文化の紹介、日本理解の促進、ドイツ語圏の国々と日本の交流、日本語学習・日本研究の奨励等を目的に多様な活動を実施しています。
ジェトロデュッセルドルフ事務所は対日投資の促進、農林水産物・食品の輸出や中堅・中小企業等の海外展開支援に機動的かつ効率的に取り組むとともに、調査や研究を通じ我が国企業活動や通商政策に貢献しています

Q3.貴団体の取り組みやPRしたいことを教えてください。
東日本大震災及び原発事故から5年目を経過したが、ドイツ国内では、「福島の今」を知る機会はほとんどないため、「物置のピアノ」をとおして、少しでも多くの方に福島の現状を知っていただくきっかけとしたいと思いました。

Q4.「物置のピアノ」をどのような方々に鑑賞して欲しいですか?
ドイツ人やドイツ在住の日本人にぜひ観ていただきたいと思っております。


ありがとうございました。
福島の「今」を伝えたいとの思いで開催されたこの上映会。沢山の方に「物置のピアノ」が福島の「今」を伝えることができました!
これからも「物置のピアノ」と福島県の応援をよろしく御願いします!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桑折を盛り上げる音楽イベント開催!「物置のピアノ」ロケ地情報!

2015年09月29日 17時03分21秒 | 上映情報
10月も間近。秋の観光シーズンが到来しますね。
今日は桑折町の秋のイベントをご紹介します!

お楽しみがもりだくさん!~こおり満福まつり開催!~

ではホタピー、今日もよろしくね。


はーい、僕、ホタピー!
来月10月12日(体育の日)、桑折町ふれあい公園(桑折町大字上郡字林泉寺前)では音楽イベントが開催されるよ!
その名も、、『こおり満福まつり!2015』
このイベントでは、桑折町にアイドルがたくさん来るよ~!
参加のアーティストやアイドルは

  アイくるガールズ
  Bitter&Sweet
  P・I DL
  LoVendoЯ
  BOYS AND MEN
などなど・・・。

アイドルだけじゃなく、お笑い芸人さんのステージやご当地グルメ、体験コーナーなどなどあって、子どもからお年寄りまで、みーんなが楽しめるイベントだよ!
「音楽・アイドルでお腹いっぱい」の、このイベントについて、くわしくは 桑折町のホームページ を見てみてね!

それから、この『こおり満福まつり!2015』を成功させるために一緒にがんばってくれるボランティアを募集しているよ
ボランティアに参加してくれるみんなには、オリジナルTシャツ(限定品)のプレゼントと、昼食を用意。
どこにも売ってない、とってもいい感じのTシャツだから、持っていたら自慢できちゃうね!
申込みは10月5日締切!
住所・氏名・年齢・生年月日・電話番号を書いて、メールで送ってね!
メールの宛て先は、桑折町役場産業振興課商工観光係 sangyoshinko@town.koori.fukushima.jp だよ!



たくさんのみんなが来てくれるのを、楽しみにしているよ~!!


ホタピー、ありがとう。
アイドルにお笑い、さらにご当地グルメと本当に盛りだくさんなイベントですね。
ぜひ皆さんもお誘いあわせの上、「物置のピアノ」のロケ地で楽しい時間を過ごしてみませんか?
多くの方のご参加をお待ちしております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドイツと小国町で上映会が終了しました!「物置のピアノ」上映会情報

2015年09月28日 17時00分17秒 | 上映情報
先週はシルバーウィークでしたね。お休みだったかたはリフレッシュされたでしょうか?
楽しいシルバーウィークから昨日まで「物置のピアノ」も上映会があちこちで開催されました。
今日はドイツ・デュッセルドルフでの上映会と小国町での速報を御届けします!

国内外で上映会が開催されました!~「物置のピアノ」上映会終了速報~

まずは9月19日にドイツ・デュッセルドルフにて開催された上映会です。
ご担当いただいた担当者様より、ご報告をいただきました。

先週の土曜日にケルン市で開催されました「福島デー」におきまして、福島県の現状をお伝えするプログラムとして上映させていただきました。
映画を見終えた聴衆からは、「映画をとおして、福島の現状を知ることができた。地震、津波、原発事故がなければ、直面しなかっただろうことが多く、大変残念だ」「福島の人々が様々な苦労をされていて心が痛い。だが、映画を見終えて、福島の人々も起き上がり小法師のように立ちあがって、復興に向けて頑張っている姿が印象的だった」等のコメントをいただきました。
小生も、改めて映画を拝見し、まさに今の福島の現状をそのままお伝えしており、印象的な映画でした。


ありがとうございます。こちらの上映会の様子は福島民報でも報道されました。



そして9月27日に小国町「放射能からきれいな小国を取り戻す会」主催の上映会も開催されました。
今回上映に至った経緯を会長である佐藤惣洋さんに伺いました。

私達の住む福島県伊達市霊山町小国地区は原発事故後に避難推奨地区になり、地区が分断されました。
多くの問題も発生し、大変な思いもいたしました。今も農産物は放射能物質の検査をしながら食べています。そんな私達の思いを少し表現していただいている気がして、毎年行っている「いやしの集い」で上映することとなりました。


ありがとうございました。
さらに続報を御届けいたしますのでお楽しみにお待ちください!これからも「物置のピアノ」に応援よろしく御願いします!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加