あなたは写真家になれるか

自分にとって写真とは何か、なぜ写真なのか、少しだけ前向きに考え楽しんでゆきます。

夢の中の記憶のように

2017年05月14日 21時09分48秒 | 写真



撮影をした後から、その場の雰囲気や記憶は少しづつ曖昧になる。
鮮明に覚えているはずもなく。
私の記憶は、段々と消えてゆく。

記憶の消えない脳を持っている人もいるが、ほとんどの人の記憶から、その時の状態は消滅してゆく。

ぼーっと、覚えている記憶は、こんなものだったよね。

画像はいかにでも加工が出来る。

可能ならば、夢の中の記憶に近付くことが出来ますように。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャンプ場の木 | トップ | 怪訝な空。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。