くちzuさむ

映画、コンサート、読書、写真・・・趣味のブログ

MISIA summer soul Jazz 2017

2017年07月14日 | 写真

2017年7月9日(日)MISIAのコンサートSUMMER SOUL JAZZ2017に参加しました。会場はZepp DiverCity TOKYO、お台場です。さて、このシリーズは会場でもお分りの通り、スタンディングのライブ。そして少しの2階の椅子席が用意されています。家内は無理をせずに2階の椅子席を確保。私は、少しでもMISIAに近づきたくてスタンディングにしました。整理番号(入場番号)が二桁なので、開場してすぐにステージ前の良い場所を確保したものの、それから1時間は老骨に鞭を打ってじっと忍耐の時間を過ごしました。そして定刻にMISIAの登場!あれ?どうした俺?MISIAがこんなに近くにいるのに、気持ちがそれほど盛り上がらない(;’’)こんなの初めて( ゚Д゚)そんな自分の心の状態に戸惑い、うろたえてしまいました。この日も首都圏は連日の猛暑で、私の体調もベストな状態ではなく、さらに1時間の立ちっぱなしで身も心もヘトヘトだったのかもしれません。そんな状態でライブに突入しましたが、熱心なMISIAファンの集まるステージ前の熱気に乗せられて、それなりに盛り上がることができました。後になって思い返すと、このライブはMISIAの歌唱力はもちろん、バンドも技術力の高いライブだったと思います。2階席で鑑賞した家内は、大満足ということでした。黒田卓也さん率いるバンドも聴かせてくれましたし、ラッパ隊に負けないMISIAの声量は、やはり半端ない。凄い。参りました。全体的にMISIAの名曲をJAZZ風にアレンジすると、こうなるのか!と言う感じです。私的には「陽のあたる場所」や「つつみ込むように・・・」「It’s just love」「キスして抱きしめて」「めくばせのブルース」というオールドナンバーが良かったです。大好きな「オルフェンズの涙」も良かったけれど、これはいつものMISIAバンドの方が好きだな。それから映画「シング」の「Don't You Worry Bout a Thing」をフルで聞けたのは一番の収穫でしょうか。還暦に近づくとスタンディングは辛いな( ̄▽ ̄;)MISIAファンも高齢化しているので、「スタンディング・ライブ反対!」と申し上げて、簡単なレポートとさせていただきます。()

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平井堅 ケインズバー 河口... | トップ | 心が叫びたがっているんだ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。