ものぐさ博物館 Monogusa Museum

このブログは、懐かしい筆記具等の大きめ画像を淡々と展示する所です。過度な期待はしないでください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長さ控えめのシャーペン

2017年05月05日 17時20分00秒 | シャープペンシル
先日久しぶりに文房具店巡りをして、珍しいペンを購入したので展示します。

塗装した金属軸の上からグリップ部分を螺旋状に溝切りしています。PILOTがこの様な加工をするのは珍しいと思います。
間隔にばらつきがあるのは手作業で加工したためと想像します。いまやこの様に手間のかかる加工は出来ないでしょう。

上と同時購入。こちらは金属軸がつや消し加工で、文字とグリップ部分の銀色部分はつや有りです。加工方法が想像出来ません。

2本だけだと淋しいので。
金属と樹脂の境目が斜めなのは、他で見た記憶が有りません。

クリップの付け根付近が平らになっています。
ここまでPILOT

三菱名称不明
クリップ上部に樹脂のワンポイント。地味に工程が増えていそうです。


2本トンボ。
上は名称不明、下はクリエート。クリエートはガイドパイプがスライドするのが売りでした。

TOTUの0.5mm ぺんてるの雰囲気に似ています。

ぺんてるは弧を描いたクリップが多い印象です。


コーリンjibダブルノック ゴールド芯入り。出てきたので追加します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« UCHIDAのKENTソケットホルダー | トップ | NEWMAN 0.5mm COLOUR セット  »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (WE)
2017-05-14 17:30:12
こんにちは、たまたま流れ着きました。

TOTUはときどき見かけるなどのブランドですね。
どこかの文具の問屋が、ぺんてるにOEMで作らせていたものかもしれないと思っています。
替芯ではそういう例を見たことがあります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。