monoろぐ

古典和歌をメインにブログを書いてます。歌題ごとに和歌を四季に分類。

薄田泣菫「忘れぬまみ」

2017年06月09日 | 読書日記

忘れぬまみ 薄田淳介(薄田泣菫)


夏野の媛(ひめ)の手にとらす
 しろがね籠(がたみ)、ももくさの
香(か)には染(し)むとも、追懷(おもひで)は
人のまみには似ざらまし。


伏目(ふしめ)にたたすあえかさに、
ひと日(ひ)は、白き難波薔薇(なにはばら)、
夕日がくれに息(いき)づきし
津の國の野を思ひいで。


ひと日(ひ)は、うるむ月の夜(よ)に、
水漬(みづ)く磯根の葦の葉を、
卯波(うなみ)たゆたにくちづけし
深日(ふけひ)の浦をおもひいでぬ。

(青空文庫の「白羊宮」より)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「葉柴」という単語 | トップ | 古典の季節表現 夏 夏の恋 »

コメントを投稿

読書日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。