monoろぐ

古典和歌をメインにブログを書いてます。歌題ごとに和歌を四季に分類。

「上葉」用例

2017年07月18日 | 日本国語大辞典-あ行

 「上葉(うわば)」という単語は日本国語大辞典・第二版では、『後拾遺和歌集』(1086年)の用例を早い例として挙げていますが、もっとさかのぼる用例があります。

常磐山(ときはやま)松(ゝつ)の上葉(うはゞ)もも(ゝ)みぢねば露(つゆ)も漏(ゝ)り来(こ)ぬ世(よ)にこそありけれ
(88・寛和二年六月十日 内裏歌合、十巻本、祝、善忠、37)
『平安朝歌合大成 1』642ページ

かせのまに-たれむすひけむ-はなすすき-うはははつゆも-こころおくらし
(実方集(実方朝臣集)・18~日文研の和歌データベースより)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七姫 | トップ | 「三稜草縄(みくりなわ)」用例 »

コメントを投稿

日本国語大辞典-あ行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。