monoろぐ

古典和歌をメインにブログを書いてます。歌題ごとに和歌を四季に分類。

「名残の月」用例

2017年05月19日 | 日本国語大辞典-な行

 「名残(なごり)の月」という用語の「①夜明けの空に残っている月。有明けの月。」という語釈は、日本国語大辞典・第二版では、謡曲『雲林院』〔1426年頃〕からの例が添えられていますが、200年近くさかのぼる用例があります。

さみだれのなごりの月もほのぼのと里なれやらぬ郭公かな
(拾遺愚草、下、2209)
『新編国歌大観3 私家集編1 歌集』1985年、角川書店、817ページ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「やせやせ」用例 | トップ | 「代掻く」用例 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。