monoろぐ

古典和歌をメインにブログを書いてます。歌題ごとに和歌を四季に分類。

夏萩

2017年06月18日 | 日本古典文学-和歌-夏

生(お)ひかかり葛(くず)の玉巻く夏萩を植ゑては秋の鹿や待たれむ(小一条左大臣忠平前栽合)

賤(しづ)はなほ月影のこせ夏萩の麻のをがらの白きかきほに(草根集)

夏萩のあさのをがらと徒人(あだびと)の心かろさといづれまされり(好忠集)

露にだに心おかるな夏萩の下葉の色よそれならずとも(風雅和歌集)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古典の季節表現 夏 夏の恋 | トップ | 紫陽花(あぢさゐ) »

コメントを投稿

日本古典文学-和歌-夏」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。