monoろぐ

古典和歌をメインにブログを書いてます。歌題ごとに和歌を四季に分類。

紫陽花(あぢさゐ)

2017年06月19日 | 日本古典文学-和歌-夏

今もかも来(き)ませわが背子見せもせむ植ゑしあぢさゐ花咲きにけり(新撰和歌六帖)

あぢさゐの八重咲くごとくやつ世にをいませ吾背子見つつしのはむ(万葉集)

飛ぶほたるひかげ見えゆく夕暮になほ色まさる庭のあぢさゐ(長秋詠藻)

宵のまの露に咲きそふあぢさゐの四(よ)ひらぞ月のかげに見えける(新撰和歌六帖)

夏もなほ心は尽きぬあぢさゐの四ひらの露に月もすみけり(長秋詠藻)

夏の野は咲きすさびたるあぢさゐの花に心をなぐさめよとや(林葉集)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏萩 | トップ | 大手拓次「夏の夜の薔薇」 »

コメントを投稿

日本古典文学-和歌-夏」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。