monoろぐ

古典和歌をメインにブログを書いてます。歌題ごとに和歌を四季に分類。

古典の季節表現 春

2017年01月04日 | 日本古典文学-春

かにまよふ 梅がのきばに にほひどり 花にあふせを まつとせの あけてうれしき けそうぶみ ひらくはつねも はづかしく まだ解(とけ)かぬる うすごふり ゆきにおもへば ふかくさの 百夜(ももよ)も通ふ こひのやみ きみがなさけの かりねのとこに まくらかたしく よもすがら
(端唄百番「御所車」~岩波文庫・「江戸端唄集」)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古典の季節表現 冬 十二月... | トップ | 古典の季節表現 春 二月中旬 »

コメントを投稿

日本古典文学-春」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。